二日酔いに効く食べ物これだ!おすすめのメニューと飲み物をご紹介

公開日: 

futsukayoi
つらい二日酔い。

昨日の夜、飲みすぎた自分が恨めしい・・・。

後悔しかない二日酔いですが、つらさを忘れた頃にまた飲んでしまいます。

また、忘年会や新年会、歓送迎会などで、どうしても飲まなくてはいけないシーンもありますよね。

ついつい調子に乗って飲みすぎてしまうことも。(私のことです。)

つらい二日酔いになってしまったとき、少しでも症状が軽くなるとされる食べ物や飲み物があるんです。

今回はそんな二日酔いに効くとされる食べ物やメニュー、飲み物についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

二日酔いに効く食べ物ってナニ?

アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドに分解されます。

これがアセトアルデヒド脱水素酵素によりさらに酢酸へと分解され、最後には水と二酸化炭素に分解されて体外へと排出されるのです。

アセドアルデヒドは毒性が非常に強い物質で、これが二日酔いの症状を引き起こすのです。

また、お酒を多量に飲むことによって、利尿作用が進み脱水状態になることもあります。

二日酔いを解消するためには、不足した水分と栄養素を補うのが必要になってくるのです。

そこで二日酔いの症状を緩和する食べ物をご紹介しますね。

●柿

柿に含まれるカタラーゼという酵素が、アセトアルデヒドの分解を促進させる効果があります。

また、柿には豊富なビタミンCが含まれていて、肝臓の働きを助ける効果が期待できます。

●ハチミツ

ハチミツに含まれる果糖により、アセトアルデヒドの分解が促進されます。

特に二日酔いの頭痛を緩和するのに優れた食品です。

●グレープフルーツ

グレープフルーツに含まれるフルクトースとビタミンCにも、アセトアルデヒドの分解を促進させる働きがあります。

さらに、グレープフルーツに含まれているイノシトールには、肝臓の負担を軽くする働きがあります。肝機能を向上させ、アルコールの分解の促進を高めます。

また、グレープフルーツに含まれるクエン酸には、肝機能を高め、胃腸の粘膜を保護する働きがあるので、お酒を飲む前に果汁100%のジュースを飲むのもおすすめです。

●しじみ

しじみには肝臓に良いアミノ酸がたくさん含まれています。

しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸は、アンモニアの解毒をしたり、肝機能を保護する働きをします。

また、しじみの成分のアラニンやグルタミンにはアルコールの代謝を促す働きがあります。

さらにしじみの成分のメチオニンやタウリン、グリコーゲンは、肝臓の機能を向上させると言われています。

●あさり

あさりに含まれるタウリンは、肝機能の向上させる働きがあります。

タウリンにはアルコールの分解を促進させる作用もあるので二日酔いに効果が期待できます。

●トマト

トマトに含まれる糖類、アラニン、グルタミンといった水溶性成分が、アルコールの分解を促進させると考られています。

また、トマトに多く含まれるリコピンは、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの働きを抑える効果が期待できます。

●大根

大根には消化を助ける消化酵素が豊富に含まれているて、胃の不快感を緩和します。

●梅干し

アルコールの摂取で酸性に偏った体に、アルカリ性の梅干が良いとされます。

梅干しは胃の粘膜を保護する働きがあり、二日酔いの胃の不快感を緩和してくれます。

おかゆに入れると、さっぱりして食べやすくなりますね。

●たまご

卵黄に含まれるシステインという成分には、アセトアルデヒドの分解を促進させる作用があります。

栄養もたっぷりあるので、二日酔いで弱った体にぴったりな食材なのです。

二日酔いに効くおすすめメニュー

二日酔いでも、何か食べられそうって場合は体に栄養分を入れましょう。

けれども、食欲がないときは無理に食べなくても大丈夫です。

胃腸からの休みたいというサインなので、胃腸を休憩させてくださいね。

食べられそうな場合は、二日酔いに良いとされる食べ物を摂るのがおすすめです。

では、二日酔いに効くおすすめメニューをご紹介しますね。

スポンサードリンク

●しじみの味噌汁

しじみには肝臓に良いとされるアミノ酸が多く含まれます。

また、しじみに含まれるタウリンが肝機能を高めてくれるのです。

二日酔い防止に効果的といわれるオルニチンも含みます。

オルニチンもまた、アルコール分解のキーである肝機能を高める効果があるとされています。

二日酔いに良いといわれるしじみ成分のサプリもコマーシャルで見かけますよね。

夜のお付き合いの前に!翌朝に!いつでもどこでも『しじみの力』

そして、味噌に含まれる「コリン」という成分には、肝臓でアルコールが脂肪となって蓄積するのを防ぐ効果が期待できます。

●たまご雑炊

卵には、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを減らす物質が多く含まれています。

栄養もたっぷりあるので、弱った胃にはぴったりです。

●おかゆ

おかゆに梅干がさっぱりしていて、胃にも優しいです。

ご飯と同量の水を器に入れて、電子レンジでチンすると簡単におかゆができます。

●大根サラダ

大根にもアセトアルデヒドを減らすことのできる物質が多く含まれています。

大根細切りにして、ポン酢とかつおぶしをかけてたべるとさっぱりしておすすめです。

●カレー

カレーには二日酔いに効くとされるウコン(ターメリック)含まれています。

カレーうどんを食べて汗を流すのがおすすめです。

でも、カレーを食べられる元気があればいいのですが・・・。

●たまご納豆

納豆やたまごに含まれるタンパク質が、体の中で二日酔いに良いとされるアミノ酸に分解されます。

二日酔いの朝食におすすめです。

●フルーツヨーグルト

ヨーグルトにりんごやバナナなどのカットしたフルーツを混ぜます。

フルーツには利尿作用を促すカリウムが多く含まれているので、アルコール成分を体外に出す助けをします。

ヨーグルトに含まれるタンパク質、フルーツの食物繊維、ビタミンCなども一緒に補給できるので朝食におすすめです。

二日酔いに良い飲み物でおすすめなのは?

アルコールを飲むと利尿作用が働き、体の水分が失われてしまいます。

二日酔いのとき、食べ物は食べられなくても、水分だけはこまめに摂りましょう。

また、水分をたくさん摂って、アルコールを排出させると二日酔いの症状も緩和されてきます。

二日酔いのときにおすすめの飲み物をご紹介します。

●スポーツドリンク

アルコールの利尿作用のせいで、体の中のミネラル分も排出されてしまいます。

スポーツドリンクを飲んでミネラル分も一緒に補給すのが良いでしょう。

スポーツドリンクは体液に近い浸透圧の飲み物なので、脱水を緩和することができるのです。

また、アルコールが肝臓で分解される際に必要な糖分も補給できるので、非常におすすめな飲み物です。

●トマトジュース

トマトのリコピンが、アセトアルデヒドの分解を促進させます。

むかむかした胃のときに、さっぱりとしたトマトジュースは飲みやすくていいですね!

 
●100%グレープフルーツジュース

グレープフルーツには肝臓の働きを促進させる作用があります。

ビタミンCも摂取できるのでおすすめです。

●コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる働きがあるため、頭痛をやわらげる効果があると言われています。

また、カフェインは、肝機能を活性化させ、二日酔いの原因となっているアセトアルデヒドを分解します。

コーヒーは利尿作用が強いため、飲みすぎると脱水症状をよりすすめてしまう可能性もあるので、スポーツ飲料も一緒に摂るなどの注意が必要です。

●日本茶

日本茶にはたくさんのビタミンBやC、ミネラルが含まれます。

温かいお茶で胃を休ますことができ、胃の不快感を和らげます。

●梅昆布茶

温かい梅昆布茶は胃にやさしいですし、塩分を摂取できます。

●紅茶

利尿作用が抜群です。早く体外にアルコールを出してしまいましょう。

スポーツ飲料と一緒に摂るなどして、脱水症状には気をつけましょう。

●炭酸飲料

炭酸成分がアルコールを分解する酵素の働きを促進させます。

まとめ

いかがでしたか?

本当に症状が辛い時は何も食べられませんが、そんな時でも水分はしっかり摂って脱水症状を予防してくださいね。

胃をしっかり休めて、次の飲み会でもおいしくお酒が飲めますように!

スポンサードリンク

御参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑