お正月におせちが嫌いな人は?おせち以外やオリジナルおせちをご紹介

公開日: 

osechiryouri_osyougatsu

お正月の縁起物であるおせち。

実は苦手っていう方もけっこういらっしゃると思います。

実は我が家の家族、主人の実家もおせち料理が苦手。

みんなおせちが嫌いな人は何をお正月に食べているんでしょう。

そこで、我が家の場合と、おすすめメニューをご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

お正月のおせちが嫌い

うちの家族は、お正月のおせちが嫌いです。

主人の実家でも本格おせちが苦手なようで、お正月に本格的なおせちを用意しません。

そんなご家庭が、結構増えてきているのではないでしょうか。

昔はお正月はお店が開いていなくて、保存食でおせちを作るという意味が強かったと思います。

また、おせちを用意しておくと、主婦がお正月にゆっくりできるメリットもあります。

でも今では、お正月にお店も開いていますしね。

濃い味付けのおせちは敬遠されるようになっているのかもしれません。

子供もあまり喜びませんしね。(我が家の場合)

では、おせち以外にお正月っぽいメニューは何かと考えてみました。

正月にはおせち以外何食べる?

お正月には、一応張り切ってご馳走を作ります。

大晦日の晩から親戚が主人の実家に集まるので、そこに我が家も参戦します。

大晦日にオリジナルおせち(お弁当?)を用意し、大晦日の晩はすき焼きが多いです。

元日は朝昼兼用で、おせちもどきとお雑煮、ローストビーフや肉のたたきも用意します。

元日の夜やそれ以降は、いろいろ豪華に見えるものを用意することが多いですね。

お正月メニューっぽくなる料理をご紹介しますね。

●ちらし寿司

●手巻き寿司

●鯛めし、牡蠣飯

●豚の角煮

●春巻き、餃子

●水炊き

●ふぐ鍋、かに鍋

●しゃぶしゃぶ

●お刺身

●チキン丸焼き

スポンサードリンク

こんな感じですかね。

そんな手間のかかるお料理はあんまりしませんね。

お正月3日目の夜あたりからは、胃が重たくなってきて晩御飯はお茶漬けだけでいい~なんてことになります。

ご馳走を食べ慣れていないので、3日もご馳走を食べたら体がびっくりしてしまうんでしょうね(笑)。

我が家のオリジナルおせちをご紹介

我が家の場合、一応お重にお料理を詰めて、おせちっぽいものは作ります。

ちなみにおせち料理で食べられるものは、栗きんとんと黒豆、紅白なますだけです。

それ以外は食べられそうなものを3段のお重に詰めます。

●からあげ

●エビフライ

●紅白のかまぼこ

●ゴボウの肉巻き

●ハム

●プチトマト

●串揚げ

●煮物

●栗きんとん

●黒豆

●紅白なます

●ぶりの照り焼き

などなどです。

ただの豪華なお弁当ですね(笑)。

庭に生えている南天の葉っぱを飾れば、何となくおせちっぽくなります。

これを1日目の朝から晩、2日目、3日目と食べます。

もちろん、これと一緒に他のもの食べる感じですね。

本格おせちを手作りする方って尊敬しますが、なんせ誰も食べないので、毎年うちではこんなお弁当みたいなおせちです。

こんな中華風なおせちも食べやすいかもしれませんね。


まとめ

いかがでしたか?

おせちが苦手な我が家のオリジナルおせち(ほぼお弁当ですね。)をご紹介しました。

おせち以外でもお正月らしいその家その家のメニューってきっとありますよね。

スポンサードリンク

今年のお正月はどうしようかな~という方のご参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑