足先が冷えて眠れない人へ・解消法と対策グッズをご紹介

公開日: 

hiesyou_woman
少し肌寒くなってくると、すぐに手先、足先が冷えてしまいませんか?

私も特に足先は布団の中でも冷たくなって、なかなか眠れないほど辛いです。

そのような悩みを持つ方に、足先の冷えを少しでも楽にする解消法と対策グッズについてご紹介します。

スポンサードリンク

足先が冷えて眠れない!

せっかくお風呂で温まっても、布団に入る頃には足先が冷え切って眠れないなんてことはありませんか?

実は私もそのような悩みを抱えていました。

冷えがひどいと足先だけではなく、ふくらはぎまでもじんじん痛くなってしまって眠ることができません。

また、眠りの最中に足がつってしまったり、痛みで目が覚めたりしてしまいます。

眠りの質も落ちるので、朝起きてもどんより疲れがとれていないといった感じでした。

そのような中で、冷えを撃退すべく様々なことを試してみたのでご紹介したいと思います。

足の冷えの原因

足の冷えの原因は、体の血行が悪いことにあります。

特に足の冷えは、体の筋力が少なく、血液を送る力が弱いことが一番の原因です。

血液を体中に送り出す筋力が弱ければ、体の末端には特に血液が届きにくくなります。

末端冷え性の方は、筋力の弱い女性に多いとされるのはこのためです。

足先を冷えにくくするためには、適度な運動を続け、筋力をつけることが大切です。

また、食事に気をつけるなどして、体質改善をしていく必要もあります。

足先の冷えの解消法をご紹介

●運動

ふくらはぎを鍛えると血液循環良くります。

筋力をつけて、血流を良くするのが冷えの根本的解決につながります。

定期的なウォーキングが血行改善に一番効果的と言われています。

継続して行うのが鍵ですね。

簡単なストレッチも、冷えた足先を温める効果があります。

気がついたときに、何度も足首を回したり足の指をグーパーさせるなどこまめに動くだけでも血流が良くなります。

下半身の筋力をアップさせるスクワットも、冷え対策におすすめです。

体の70パーセントにあたる筋力が下半身にあるので、これを鍛えることによって効果的に筋力アップにつながります。

かかと上げ運動もふくらはぎの筋力アップを期待できるエクササイズです。

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。

ふくらはぎの筋肉を鍛えることによって、体全体の血行が改善されるのです。

●マッサージ

足先をマッサージすると、血流がぽかぽかしてきて冷えには効果てき面です。

お風呂上りに是非試してください。

<足先のマッサージ>

1・指を1本ずつつまんで10回ほど回す。

2・指を前後、左右に10回ずつ開く。

3・手の人差し指と中指を曲げて足の指をつまみ、一本ずつ引っ張る。

4・足の指の付け根をマッサージする。

5・指と甲の骨の間のくぼみを押しながらマッサージする。

6・アキレス腱をつまんでマッサージをする。

<ふくらはぎのマッサージ>

ふくらはぎをマッサージすると血行とリンパの流れが良くなります。

むくみや冷えの改善につながるので、継続してマッサージをすると良いでしょう。

強くもみすぎると、疲れたり内出血の原因になるので、適度な力と時間で行ってくださいね。

●つぼ

足の裏にはつぼがたくさんあるので、刺激をすると冷えにも良いとされています。

冷えに効果的なつぼをご紹介します。

・湧泉(ゆうせん)

足の指を内側にグーをするように曲げます。そこにできるくぼみが湧泉のつぼです。

冷えや血行促進、疲労回復に効果的と言われています。

・太谿(たいけい)

内側のくるぶしとアキレス腱の間の、少しへこんであるところにあるつぼです。

押すと痛気持ち良い感じがして、冷えとむくみに効果があると言われています。

また、足の裏のつぼが押しにくい時は、青竹ふみをしたり、ゴルフボールやテニスボールを足の裏でころがしたりしても、足先が温まってきておすすめです。

●食べ物

体の中から温める食べ物を積極的に摂るのもおすすめです。

特に、生姜やシナモン、葱などは体を温める効果が高い食品です。

チューブ式の生姜を用意すれば、紅茶やお味噌汁などに手軽に入れて使用できます。

また、白砂糖、生野菜、果物などは体を冷やす食べ物なので、摂り過ぎないように気をつけてくださいね。

生姜紅茶についてはこちら

生姜入り紅茶が冷え性改善に効果的・おいしい作り方と飲み過ぎの影響は?

●足湯

足湯も体がぽかぽかするので非常におすすめです。

すこし熱めのお湯にをたらいにいれ、くるぶしまで15分程度つかると、体中が温かくなります。

スポンサードリンク

足先の冷えに効果的な対策グッズとは

冷えには、運動や食事などの根本的な改善が必要です。

でも、冷えが辛すぎて眠れなくて、今すぐ何とかしたい!という方には外から温めるグッズがおすすめです。

運動やマッサージなどを取り入れつつ、上手にこれらのグッズを利用してはいかがでしょうか?

●電気毛布、電気アンカ、湯たんぽ

昔ながらの方法ですが、外から手っ取り早く温めてしまう方法です。

体が熱で乾燥してはいけないので、タイマー設定と設定温度に気をつけて使用するといいですね。

●冷えとり靴下(5本指)を履く

お風呂上りなどの体が温まった状態のときに、冷えとり靴下を重ね履きします。

一番下に、保温性の高いシルクの5本指ソックスを履き、その上に綿のソックスを重ね履きしていきます。

4枚以上重ね履きすると、より冷えとりの効果が高まるといわれています。

●冷えとりレッグウォーマーを履く

足首の冷えの辛い方におすすめです。

●腹巻をする

お腹周りをあたためて血流を良くします。

まとめ

いかがでしたか?

やはり末端の冷えを根本的に改善するのは、筋力をつけて血流を良くするのが効果的です。

なかなか運動する時間が取れない場合は、簡単なストレッチを継続して行うことをおすすめします。

スポンサードリンク

御参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑