お正月の飾り付けはいつからいつまで飾る?片付けや処分の仕方は?

公開日: 

syougatsu_shimekazari
クリスマスが終われば、次はお正月の準備ですね!

お正月の飾り付けっていつから準備して飾ればよいのかご存知ですか?

飾り付けする日や、しまう日の決まりがあるのです。

縁起物であるお正月飾りっていつからいつまで飾って、どのように片付けで処分するのか迷う方もいらっしゃると思います。

今回はお正月飾りの飾る期間や処分の仕方についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

お正月の飾り付けはいつから飾ればいいの?

お正月の飾り付けは、縁起物なので新しい年を迎えるためにも是非用意したいものです。

でもお正月の飾り付けって、いつからするのが正しいのかなと迷うことがありますよね。

実は12月13日が「松迎え」といって、お正月の準備を始める日とされているのです。

けれども、クリスマスの飾り付けもしているのに、お正月の飾り付けも一緒にするなんて、現在の暮らしにマッチしていないですよね。

ですから、12月13日頃からお正月を迎えるために、掃除をしたり買い物をしたりしていくことにして、飾り付けは12月28日頃から行うと良いでしょう。

ただし、飾り付けを行うのに避けるべき日があります。

29日は苦松(二重苦・苦待つ)、31日は一夜飾りといって、神様を迎えるのにふさわしくないとされています。

28日は末広がりの八がつく日で、お正月飾りをするのに縁起が良いとされています。

代表的な御正月飾りは、

●門松

お店や会社、家の玄関先に置きます。

年神様という神様が、各家々に来てくださる為の入り口の目印となります。

●しめ縄(しめ飾り)

しめ縄は神様が来られても失礼の無いように、神聖な場所であることを示すものです。

●鏡餅

鏡餅は神様へのお供え物、また縁起物として飾ります。

鏡餅には、子孫繁栄や健康・長寿、夫婦円満などの願いが込められています。

スポンサードリンク

鏡餅の上に飾られているみかんの由来は、みかん(橙・だいだい)は、木に実った果実を2~3年放置しても実が落ちることがないことから、子孫代々(しそんだいだい)に続く繁栄を意味しているそうです。

お正月の飾り付けはいつまで飾るの?

門松が飾られている間のことを「松の内」といいます。

一般に元旦から1月7日までのことを指します。

門松はこの期間に飾られることが一般的です。

しかし、地方によっても違いがあり、関東では1月7日、関西では1月15日まで門松を飾ることもあるようです。

1月15日にお正月の飾りを集めて焚き上げるどんど焼きが行われるので、それまで門松を飾る地域もあります。

1月11日は「鏡開き」の日です。

鏡餅はこの日に片付けて、縁起物としてや神様へのお供え物として飾った鏡餅をお雑煮やお汁粉にして食べます。

しめ飾りも基本的には1月7日までの期間に飾ります。

こちらも小正月(1月15日)まで飾る地域があります。

お正月の飾り付けの片付け・処分の仕方

お正月の飾り付けはどんど焼きで焚き上げてもらうのが良いでしょう。

どんど焼きとは小正月(1月15日)の行事で、お正月の松飾りやしめ縄、書初めなどを家から持ち寄って一箇所に集めて燃やします。

どんど焼きの火にあたると、今年一年健康で過ごせたり、字が上達したり、この火で焼いたもちを食べると無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。

1月15日に神社にお正月飾りを持って行くと、一緒に焚き上げてくれます。

地域の自治会でも行事として行われていることもあるので、お住まいの自治会やお近くの神社にお問い合わせくださいね。

しかし、そのような行事に参加できない場合は、自治体ごとのゴミの処分の仕方に従って捨てます。

ただ、お正月飾りは縁起物でもありますので、普通のゴミとは一緒に捨てるのはおすすめできません。

感謝の気持ちをこめてお酒や塩で清めてから、丁寧に紙に包んで他のゴミと分けてビニール袋に入れて処分しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

何気なく飾っていたお正月の飾りにも、飾るべき日や片付ける日の決まりがあるんですね。

日本の文化って色々な意味があって興味深いです。

お正月飾りの飾る期間はこれでばっちりマスターです♪

スポンサードリンク

御参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑