粉瘤がおでこにできてたこの吸い出しを塗ったらえらい目にあった話

公開日:  最終更新日:2017/04/21


今日は1年前に、えらい目にあった話をします。

去年の春頃から半年間くらい、私はある肌トラブルに見舞われました。

今現在も薄っすらあとが残ってしまって、修復は不可能な感じです。

今回はその肌トラブルについて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

粉瘤がおでこにできた!

ずっとニキビかな?って感じのできものがおでこにありました。

痛くも痒くもなく、少しの膨らんでいるかなというできものでした。

急にかすかな膨らみが気になりだして、芯を出そうとできものをいじってしまったのです。

するとどんどん痛み出し、できものが大くくなっていくのです!

焦って中の膿を出そうといじればいじるほど、症状は悪化し痛みも激しくなってきました。

これはニキビではなく、粉瘤だと思った理由は、自分が以前から粉瘤がよくできる体質だったからです。

粉瘤とはアテローム(アテローマ)とも呼ばていて、良性腫瘍のひとつです。

できる原因は不明なのですが、皮膚の下に袋状の物ができて、その中に古い角質が溜まってしまった状態になります。

ですから毛穴に皮脂や角質が詰まるニキビとは違って、簡単には治りません。

一度粉瘤ができてしまうと、その袋ごと外科手術で取り除かなければ完治しないのです。

体質によって粉瘤ができやすい人がいるそうですが、まさしく私がそうです。

今現在も耳の後ろにしこりがありますし(放置ですが)、過去に胸元にできたこともあります。

本来なら病院に行って治療しなくてはいけないのですが、私はある薬を使って自分で胸元の粉瘤を治しました。

その体験が今回の悲劇につながるのですが・・・。

たこの吸出しとは?

たこの吸い出しという薬はご存知ですか?

町田製薬株式会社が大正2年から製造しているロングセラーの軟膏です。

私がその薬を知ったのは、ちびまる子ちゃんの作者さくらももこさんのエッセイで読んだ覚えがあったからです。

たしかその怪しい薬で、できものを治療したという話だったような記憶があります。

ロングセラーなので、ご家庭の薬箱に常備されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

この薬は皮膚の湿疹、腫れ、粉瘤に効果があるとされ、ニキビの膿を出すのにも使ったりします。

スポンサードリンク

硫酸銅の腐蝕作用とサリチル酸の角質軟化作用で腫れた幹部の皮膚に穴を開け、膿を排出させるのです。

ちょっと怖いでしょ。

その成分を植物油、松脂、木鑞で練りこんであって、色は濃い濃い緑。

初めて見た方はびっくりすると思いますよ。

めちゃくちゃベタベタ、ネチョネチョして、注意しないといろんな所に緑色のベタベタがつきます。

服なんかに薬がついたら、なかなか取れなくなってしまいます。

ベタベタするので、患部に塗ってすぐにガーゼで蓋をしますよ。

何年か前に胸の上部にしこりのようなものができ、乳腺科でみてもらいました。

すると、粉瘤なのでほっておいてかまわないと言われました。

でも、何となく気になってしこりの中身を出したくなったのです。

そこでたこの吸い出しを使ってみることにしました。

胸の粉瘤に塗った時は、塗った箇所全体が赤黒くなり、やがて穴が開き、中身と袋らしきものが出て完治しました。

何年も胸にあったしこりが、何日かで解消したのです!

でも、肌には半年以上は赤っぽく跡が残りました。

たこの吸出しを粉瘤に塗った結果顔が・・・

過去に胸の粉瘤に塗った思い出があったので、とにかくおでこの腫れの原因である中身を出したい!という一心でたこの吸い出しを顔に塗ってしまいました。

その結果どうなったかというと・・・。

見たことがないくらいおでこが腫れ上がりました。

若鹿の角がはえてくるときみたいに(涙)。

いくら待っても皮膚に穴は開かないのに、腫れはどんどん大きくなっていって恐怖を感じるほどでした。

たこの吸い出しの注意書きを見ると、顔には塗らないようにと書いてありましたよ。(ガーン!!

おできが腫れ上がるだけでなく、黒ずんできました!

そして、体の左半身に謎の湿疹がぶわーっと発生!!

体中が痒くなりました。

すぐにたこの吸い出しをやめ、抗生剤を塗ると腫れが少し引きましたが顔はお岩さんのようになってしまったんです。

たこの吸い出しの何かの成分に、体が反応したんでしょうね。

ここでいいかげん病院に行けよって声が聞こえそうなのですが、病院で見せるのも恥ずかしくなってしまったんです。

結局自分で針で穴を開け、中身を少しずつ出しました。

症状が回復するまで、半年以上かかりましたよ。

しばらく顔に絆創膏の生活が続き、辛かったです。

今でもおでこに縦線の跡が残ってしまいました。

本当に後悔しかありません・・・。

まとめ

私のように後悔しないためにも、ニキビとは違う腫れがあるなという時は、即病院に行くことを強くおすすめします。

特に粉瘤は、自分ではなかなか治療できません。

強烈な薬を、自己判断で私のように使用しないでくださいね。

たこの吸い出しがニキビや粉瘤に効いたという方も、ネットで見ているとおられますね。

でも、人によって合う合わないがすごくあるので、くれぐれもパッチテストしてから使用するようにしてくださいね!

副作用の出る可能性もあると、たこの吸い出しの説明書にもきちんと書いてあります。

スポンサードリンク

どなたかのご参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑