お中元のお返しのマナーは?お礼状の出し方とお返しの品の熨斗とは

公開日: 

お中元の季節がやってきますね。

最近は、このような風習を禁止している会社も増えてきて、お中元のやり取りをする人は減ってきていると言われています。

日頃からお中元をもらい慣れていないと、いざお中元が届いたとき、どうすればいいのかわかりませんよね。

お中元はもらいっぱなしでは駄目なんです。

お中元のお返しにもマナーがあるのでご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

お中元のお返しのマナーとは?

お中元は本来、お世話になった方々に日頃の感謝を込めて贈るものなので、贈られた側は特にお返しの品を贈る必要はありません。

お中元を贈られたからといってお礼の品を返すことは一般的ではないのです。

ただし、お中元を頂いたら先方に、できるだけ早くお礼の連絡は必要です。

電話でお中元が無事届いたとの報告とお礼を伝えましょう。

そしてすぐにお礼状を出すことが大切です

どうしてもお返しの品を贈りたい場合は、頂いたお中元の品の半分~同額程度の金額の物を贈るとよいでしょう。

品物でお返ししたとしても、マナー違反ではありません。

ただ、贈られた物以上の高額の品などは先方が気を遣ったり、気を悪くされる場合もあるので気をつけましょう。

お中元のお返しにはお礼状が必須

お中元を頂いたら、すぐにお礼状を書くことが大切です。

身内や親しい間柄でしたら、メールや電話で済ますこともできます。

スポンサードリンク

しかし、お中元のマナーとしては葉書でもいいので、文書で季節の挨拶と品物のお礼をするのが正解です。

礼状の書き方は、まずは 季節や時候の挨拶を書きます。

そして品物を頂いたことに対しての、感謝と心遣いに対する気持ちを伝えましょう。

最後に、今後も末永くお付き合いをよろしくお願いしますという気持ちを表します。

贈り主の方に感謝の気持ちを伝えることがなによりも大事なのです。

お中元のお返しの品を贈る熨斗はどうする?

どうしても先方にお返しの品を贈りたい場合、品物の熨斗はどうしたらよいのでしょうか。

お中元のお返しに対しての熨斗は、赤白の蝶結びを使い、表書きは「御中元」とします。

しかし、お返しの品を贈るタイミングでこの熨斗の表書きも変わります。

7月15日頃までであれば「御中元」となり、8月初旬から立秋までは「暑中御見舞」(親しい人に贈る場合)「暑中御伺」(目上の人に贈る場合)となります。

それ以降は「残暑御見舞」「残暑御伺」として贈ります。

また関西地方では、8月15日までは「御中元」となり、それ以降は「残暑御見舞」「残暑御伺」となります。

まとめ

いかがでしたか?

お中元をもらったら、すぐに贈り主の方に届いたことを知らせることが大切です。

電話で一声お礼を言ってから、すぐにお礼状を出せば、贈り主の方も気持ちよく思われます。

スポンサードリンク

マナーを守って気持ちよくお中元のやり取りをしたいものですね!

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑