日傘のさす時期はいつ?時間は?紫外線防止に効果的な色は?

公開日: 

そろそろ紫外線の気になる季節になってきましたね。

紫外線を防ぐのには、日傘が効果的ですが、日傘っていつくらいからさしたらいいのかなって思いませんか?

紫外線は一年中降り注いでいますが、とくに注意をした方がいい時期があります。

日傘の出番の時期や時間帯をご紹介します。

スポンサードリンク

日傘をさす時期はいつ頃から?

紫外線には2種類あるってご存知ですか?

肌を黒くしたり、赤くしたりする紫外線をUVB(紫外線B波)といいます。

肌の奥の真皮まで届いて、肌にダメージを与える紫外線がUVA(紫外線A波)です。

UVBは冬は少量ですが、4月頃から増え始めます。

そして6月~8月がピークになります。

UVAは1年中降り注いでいますが、ピークは5月~8月です。

一年中紫外線対策をした方がよいのはわかりますが、やはり真冬に日傘はちょっと・・・。恥ずかしい・・・。

ですので、日傘をさすべき時期はUVBが増え始める3月の天気の良い日や、4月~10月くらいがベストです。

冬の乾燥で弱った肌に、春の紫外線はダメージが大きいです。

春先からお肌のためには日傘を利用した方がいいですね。

5月頃から急激に紫外線量が増え始めるので油断は禁物ですよ!

10月頃には気温も下がり、紫外線量も徐々に減ってきますので、10月の終わり頃までは日傘の使用をオススメします。

日傘をさす時間は?

夕方に日が落ちてくると、日傘はもういいかなって傘を閉じてしまっていませんか?

夕方には太陽のじりじりしたような日差しはありませんが、太陽が出ている限りは紫外線が届いているので注意が必要です。

太陽が頭の真上にある日中は、紫外線を避けて外出を控えたりする人も多いと思います。

しかし、日が傾きはじめると、照りつける角度も低くなるので、人が受ける紫外線の量も多くなるのです。

スポンサードリンク

ですから、夕方の外出だからといって日傘をささないのは危険です。

完全に日が落ちてしまうまで、日傘はさした方がよいでしょう。

同様に、早朝の日差しも角度があるので、人が受ける紫外線量は多いです。

紫外線量のピークの時間帯の10時~15時以外でも、気をつけて日傘をさしてくださいね!


また、梅雨のシーズンで曇っていても紫外線量は多いです。

油断しがちになりますが、紫外線にご注意ください。

紫外線防止に効果的な日傘の色は?

白いレースの日傘って涼しげで素敵ですよね。

しかし、白い色は光をほとんど吸収しないので、紫外線を通しやすいと言えます。

反対に最も紫外線の透過率が低いのは黒色です。

日傘には黒の傘を選ぶ人も多いと思います。

ピンクや赤といった色よりも、紺や紫、黒といった濃い色の方が紫外線の透過率が低いです。

黒などの濃い色は光を吸収することによって光の透過を防ぐため、傘自体が熱をもって熱くなってしまいますが、紫外線対策の点からは黒い日傘をオススメします。

けれども、黒い傘は光を吸収するので、色あせが目立ちますね。

それが気になる人には、シルバーの日傘がオススメです。

シルバーの日傘は太陽光線を反射して紫外線を防ぎます。

黒と違って光を吸収するのではなく反射するため、日傘をさしている本人も涼しいです。

また、紫外線カット率もシルバーの方高いです。

色の効果と言うよりも、シルバー生地の素材が紫外線カット率を高めているのです。

でも、シルバーの日傘をさしている本人のまわりの人は、まぶしい~って感じでしょうね。

ちょっと目立ちますしね。

私だったら、黒を選ぶかな(笑)

まとめ

いかがでしたか?

春先の肌寒い日でも、紫外線は徐々に増加していっています。

お肌のために油断せずに、春先から秋まで日傘でしっかり紫外線対策をしましょう。

スポンサードリンク

何年か先の自分に感謝されることになりますよ!

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑