母乳育児で花粉症の薬はどうする?薬以外で抑える方法や部屋への対策

公開日: 

鼻はぐしゅぐしゅ、目はしょぼしょぼ。

体がなんだかだるくて重い。

毎年の花粉症って本当に辛いです。

薬で症状を抑える人が多いですが、母乳育児をしているお母さんには薬の服用は心配ですよね。

授乳中にできるだけ、薬を飲まないで花粉症の症状を抑える方法をお伝えします。

スポンサードリンク
 
 

母乳育児で花粉症の薬は飲んでいいの?

母乳育児の最中の薬の服用は気になりますよね。

抗アレルギー薬は全て乳汁中に移行してしまいます。

花粉症の市販薬は安易に服用しないようにしましょう。

どうしても花粉症の症状が辛いという場合は、医師から処方してもらえる薬もあります。

授乳中であることをしっかり伝え、処方してもらってください。

それでもやはり母乳には影響がありますから、できるだけ薬の服用は避けたいものです。

ただ、吸入薬や点鼻薬、点眼薬などは、内服薬に比べて、身体の中に吸収される量も微量だと言われています。

点鼻薬のような薬の粘膜摂取なら母乳にほとんど影響しないので、医師と相談しての使用をオススメします。

点鼻薬もできるだけ長期間に頻繁に使用することはやめてくださいね。

また、漢方薬で「小青龍湯」という花粉症の鼻水がでる症状を緩和するものがあります。

辛い鼻水の症状があるときには、点鼻薬、点眼薬と併用し、上手に利用するのも良いかと思います。

目の洗浄をする洗眼薬、鼻の内側に塗って花粉をブロックする薬も授乳期に差し支えなく利用できます。

このように、抗アレルギー内服薬は利用を避けた方がいいですが、利用できる薬剤もあるので医師と相談してみてくださいね。

花粉症の薬以外で症状を和らげるには?

授乳中はどうしても薬以外で症状を和らげたいという、お母さん方もたくさんおられると思います。

どのような対策をみなさんとられているのか紹介しますね。

・乳酸菌が含まれた食品(ヨーグルトやキムチなど)をとる。

・甜茶・緑茶をとる。(症状が出る前から継続して飲むこと)

・シソジュースを飲む。

・じゃばら(柑橘類の一種で、和歌山県東牟婁郡北山村が原産地)製品をとる。

・りんごをとる。(りんごに含まれるペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効果があるといわれている)

・青汁をとる。(ケールに花粉症の症状を抑える効果があるといわれている)

・摩り下ろしたレンコン汁を、鼻の粘膜に塗る。

・マスクを2枚重ねにする。

・粉塵用マスクをする。

・マスクにティーツリーなどのアロマの精油で作ったスプレーをかける。

・花粉症用メガネをかける。

・花粉の飛散量が増える午後は外出を控える。

・鼻うがいをする。

花粉症対策には、様々な食品や方法があるので、ご自分に合ったものが見つかるといいですね!

スポンサードリンク

花粉症の症状を抑える部屋の対策

花粉は部屋の中に持ち込まないことが何より大切です。

部屋の中に花粉を入れない対策をまとめてみました。

・家に入る前に服や髪の毛をはらって花粉を落とす。

・部屋のマメな掃除をする。(朝夕2回の掃除機がけが理想的)

・空気清浄機を使用する。

・早朝に家の換気をし、掃除機をかける。あとは部屋の窓を閉めておく。

・洗濯物を室内干しにする。

・布団を外に干さない。(布団乾燥機を使用する)

・布団やベッドにハンディークリーナーをかける。

・部屋の湿度を50~55%ほどに保つ。(花粉症の炎症に良いとされる湿度)

少々めんどうですが、薬の服用を避けた方がよい授乳中などは、部屋も花粉症対策して症状を抑えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

授乳中でも服用できる花粉症の薬はあるようです。

かかりつけのお医者さんとよく相談して使用するかを決めてください。

母乳への影響を少しでも心配するようなら、薬はやめるべきです。

スポンサードリンク

薬以外にとれる花粉症対策をして、なんとかこの辛い時期を乗り越えてくださいね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑