かもめーるを出す時期は?暑中見舞いの文例紹介・販売はコンビニでも

公開日: 

夏になると毎年売り出されるかもめーる。

かもめーるを出せる時期は、いつからいつまでなのかご存知ですか?

暑中見舞いってあまり出したことがないという人でも、気軽に景品付きはがきのかもめーるでお便りしてみてはいかがでしょうか?

かもめーるについて、暑中見舞いの文例も一緒にご紹介しますね!

スポンサードリンク
 

かもめーるを出す時期はいつからいつまで?

そもそもかもめーるとは、正式には「夏のおたより郵便葉書(かもめ~る)」といいます。

暑中見舞いや残暑見舞い用に日本郵便から発売されるのはがきのひとつです。

かもめーるは暑中見舞いから残暑見舞いの時期まで使用できます。

梅雨明けから立秋までが暑中見舞いで、立秋を過ぎたら、残暑見舞いといわれています。

挨拶状としての残暑見舞いは、8月末頃までに出すのが常識です。

かもめーるはがきは毎年5月の下旬から8月の第四金曜日まで発売されています。

くじの抽選日は毎年9月の頭頃です。

かもめ~る自体は、いつでも使えるものですが、やはり残暑見舞いとして出すなら、8月末までがいいですね。

くじの抽選日に間に合うようにしたいものです。

くじの景品はA賞が現金5万円、B賞が切手シートです。

現金が当たるかもと思うと、ワクワクしますね!

暑中見舞いの文例を紹介。かもめーるを出そう!

暑中お見舞いってどう書いていいのかわからないという方に、書き方をご紹介しますね。

冒頭の季節の挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」とやや大きめに書きます。

目上の方には「暑中お伺い申し上げます」とします。

時候の挨拶(相手を気遣うような言葉)

はがきを出す時期に合う時候の挨拶を書きます。

「暑い日が続いておりますが お変わりなくお過ごしでしょうか」

「猛暑が続いておりますが いかがお過ごしでしょうか」

「梅雨が明け厳しい暑さの毎日ですが いかがお過ごしでしょうか」

自分や家族の近況報告

自分や家族の近況報告を書きます。

「私たちは元気に過ごしております」

相手の健康や息災を祈る言葉(結びの言葉)

まだまだ暑い時期なので、 相手の体調を気づかう言葉を入れます。

「まだしばらくは厳しい暑さが続きますが 体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ」

「お近くにおいでの節は ぜひお立ち寄りください」

後付け(日付・差出人名)

「平成○○年盛夏」と書きます。

相手を立てて書くのが基本です。話題の順番も相手が先で自分はその後になるように書きます。

相手の名前が自分よりも下にこないように気をつけます。

慶事の挨拶状などの喜ばしい出来事は続いた方が良いという意味合いから、句読点は用いない方が好まれます。(区切りをつけないという意味。)

決まりきった文章の型があるので、それにあてはめると書きやすいですよ。

スポンサードリンク

かもめーるの販売はコンビニでもやっているの?

なかなか郵便局に行く機会がないなーという方や、近くに郵便局がない人に朗報です。

コンビニでもかもめーるの販売をしています。

ただ、ゆうパックの取り扱いや切手の販売をしているコンビニであっても、かもめーるを取り扱っていないコンビニもあるので、問い合わせが必要です。

日本郵便のインターネット通販サイトでもかもめーるを取り扱っているので、購入可能です。

暑中見舞いの印刷注文もできます。

ただ、5000円以上送料無料なので、注文金額が少ない場合はハードルが高いですね。

まとめ

いかがでしたか?

かもめーるで暑中見舞いと残暑見舞いをおくれば、抽選の楽しみも加わって、もらった人もうれしいですよ!

スポンサードリンク

是非、かもめーるを利用して、お世話になった方へご挨拶をしてくださいね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑