熱中症で子供の注意すべき症状と予防・応急処置について

公開日: 

sports_suibun_hokyuu

地球の温暖化や、気候の変動、都市部での冷房の室外機による気温の上昇によって、熱中症のリスクが年々高まっています。

とくに子供は、体温調節機能が大人より発達していません。

また、子供は大人より地面に近い位置にいるので、地面からの照り返しによる影響を多大に受けます。

遊びやスポーツに夢中になって、具合の悪さに本人が気づかない場合も多いので、親や大人が注意深く見守る必要があります。

子供の熱中症の症状を見極めるポイントをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク
  

熱中症の子供はこんな症状

熱中症の主な症状です。子供の状態をしっかり観察して、重症化させないことが大切です。

・頭痛

・吐き気

・めまい

・立ちくらみ

・倦怠感

・顔面蒼白

・大量の汗、または汗が出ない

・唇、皮膚の乾燥

・動きが鈍い

・顔が真っ赤

・発熱

などです。すぐに応急処置をしましょう。

40℃以上の高熱や汗が出なくなったり、意識がなくなったり、震え、けいれんがあるときは、すぐに救急車を呼びましょう。

救援を待つ間も、体を冷やし続けることが大切です。

熱中症から子供を予防するには

熱中症から子供を守るには、十分な水分補給が大切です。

運動前、運動中、運動後にはこまめに水分をとりましょう。

発汗により、ミネラル分も失われてしまいます。

ただの水ではなく、できるだけ2倍程度に薄めたスポーツドリンクや、水やお茶に少量の糖分や塩分を足したものを飲むことをオススメします。

スポンサードリンク

体を冷やすために、首筋に濡れタオルや、保冷剤をタオルで巻いたものを当てましょう。

活動の後は、十分な休息をとります。

普段から生活のリズムを整えていることも、熱中症による体調不良の予防になります。

小さいお子さんは、自分から体の症状を上手に言えないので、大人が注意深く様子を見守ることが重要です。

水分をとるよう、声かけをまめにしてください。

服装も通気性のいいものを選び、帽子を必ず着用させます。

顔を真っ赤にさせていたり、大量の汗をかいている場合には、いったん遊びを中断させて涼しい場所で休ませましょう。

また、日頃から汗をかく機会を増やして、上手に体温調節できる体にしておくことが大切です。

冷房の効いた部屋ばかりで過ごさないようにするといいですね。

熱中症での子供への応急処置

子供が熱中症の症状が疑われる場合、応急処置をすぐにとってください。

意識がある場合は、速やかに風通しの良い涼しい所に移して寝かせてください。

保冷剤や氷嚢で頭、ワキの下、首筋、足の付け根のリンパの部分を冷やしてください。

扇風機などで体全体の熱を冷やして、スポーツドリンクを飲ませます。

意識のない場合や全身の痙攣がある場合は、無理に水分を飲ませてはいけません。嘔吐の恐れと、嘔吐物での窒息の心配があります。

涼しい場所で体を冷やして、すぐに救急車を呼びましょう。

子供の熱中症についてのまとめ

いかがでしたか?

子供の熱中症対策は、やはり親や、大人が注意深く観察することがポイントです。

早めに熱中症のサインに気づき、速やかに応急処置をしましょう。

前もって熱中症予防対策をとることも大切です。

油断をすると、命の危機に関わる熱中症。

スポンサードリンク

正しい対策の仕方を覚えておくと安心ですね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑