うなぎに夏バテ効果はある?その栄養は?食べて夏バテ予防をしよう!

公開日: 

fish_unagi2

うなぎを食べて精をつけるってよく言いますよね。

「土曜の丑の日」にうなぎを食べると良いとも言います。

うなぎを食べると夏バテに本当に効果があるのでしょうか?

なんだか食べると元気が出そうなうなぎ。

その効果や栄養についてお話しますね。

スポンサードリンク
  

うなぎに夏バテ効果あるの?

夏は食欲が落ち、さっぱりした食べ物ばかりをどうしても食べてしまいがちですよね。

そのような食生活をおくっていると、夏バテと呼ばれる症状が出てしまいます。

それに加え、暑さによる不眠や食欲不振、倦怠感、冷房による自律神経の乱れなどで、夏は体の調子がくるいがちになります。

こうした時に、うなぎを食べると良いと言われていますね。

うなぎは、疲労回復に効果的なビタミンやエネルギーの基となる脂質をたっぷり含んでいます。

うなぎは高脂質といえども、悪玉コレステロールを抑制する不飽和脂肪酸をたっぷり含んでいるので安心です。

夏バテ防止効果や、風邪の予防、元気回復に効果的な栄養素が豊富なので、夏に積極的に摂りたい食材なのです。

うなぎの夏バテによい栄養の成分とは?

うなぎには体に良い栄養素たっぷり含まれています。

スポンサードリンク

・ビタミンA、B1、B2、D、E・・・疲れ目や疲労感の回復、免疫力を高めるのに効果的。美肌にも良い栄養素。

・DHA、EPA・・・血中のコレステロールを下げ、動脈硬化を予防する。

・ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム)・・・貧血、体の調子を整えるなど。

・タウリン・・・疲労回復、脂肪肝を予防する。

・ムコ多糖類・・・胃腸の粘膜を保護する。

このようにうなぎには、体を元気にする滋養強壮のかたまりのような食材と言えるのです。

うなぎにビタミンCが含まれるサラダや果物を添えると、カンペキな栄養バランスになりますよ!

うなぎで夏バテ予防をしよう!

うなぎが夏バテ予防に良いとされるのは、疲労回復、免疫力を高める効果の栄養素がたっぷり含まれているからです。

また、うなぎには体を温める効果もあるので、冷房で冷えがちな体のためにも積極的に摂りたい食材です。

さらに夏は汗を大量にかきますね。

汗から水溶性ビタミンB1やカリウムが体の外に出て行ってしまい、体の脱力感の原因のひとつとなってしまいます。

うなぎにはビタミンB1やカリウムも含まれているので、夏バテ予防に効果的なのです。

また、うなぎといえば山椒をかけるとおいしいですよね。

山椒は漢方薬で、胃薬として使われることもあります。

抗菌作用と胃の調子を整える作用のある山椒は、弱りがちな夏の胃腸の不調を予防するのに一役買います。

夏は水分を摂りすぎたり、暑くて不眠になったり、冷たいものを食べ過ぎたりして免疫力が低下しがちです。

強力な抗酸化力を持つ栄養素を多く含むうなぎは、夏バテを予防するのにうってつけの食べ物なのです。

まとめ

いかがでしたか?

うなぎっておいしくて栄養抜群で、たのもしい食材ですね。

スポンサードリンク

うなぎを食べて、お疲れ気味の体を元気にしましょう!

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑