雨傘のお手入れはどうしたらいいの?傘の汚れの落とし方とサビについて

公開日: 

TSJ_runsowa20150208154849_TP_V1

雨が多くなる季節。

お気に入りの傘で、気分良く乗り切りたいですね。

でも、傘のお手入れをおこたると、傘に汚れやサビ、臭いがついてしまいます。

ちょっとでも長くお気に入りの傘をきれいに使うために、簡単なお手入れ方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

雨傘のお手入れをしていますか?

使用した傘ってどうしていますか?

濡れた傘を巻いたまま玄関に置いたままにしていませんか?

傘の臭いやカビのもとになりますし、玄関もかび臭くなってしまいます。

傘のサビの原因にもなります。

濡れている傘は巻かずに、さっと水滴をふき取ってから玄関先やベランダ、お風呂場などに干すことをオススメします。

天気が良くなったら、直射日光を避けて日陰に干してください。

長時間干すと、色あせの原因になりますので注意してくださいね。

傘には撥水加工がされているので、新品の傘に防水スプレーはしなくても大丈夫です。

しかし、使用しているうちに撥水性は弱まりますので、傘の乾燥後に防水スプレーをかけると良いですね。

フッ素系の撥水剤は油分に弱いので、ハンドクリームがたっぷりついた手で布を巻いたりするとあまり良くないのでご注意ください。

傘の汚れの落とし方はどうするの?

雨には空気中のチリやほこりなどが混じっています。

かなり汚れますので、時々傘を丸洗いすることをオススメします。

軽い汚れなら、水で固く絞った布で拭くだけでも落ちますが、頑固な汚れは中性洗剤をつけて洗いましょう。

<傘の洗い方>

1・お風呂場で傘をさした状態で広げる。

2・10倍程度に薄めた洗濯用中性洗剤をスポンジに含ませ、傘の表面を優しく洗う。

(洗浄力の強い洗剤を使用したり、強く擦ったりすると、撥水加工や防水加工が弱まる恐れがあるので気をつけること。)

3・洗剤が残らないように、きれいに洗い流す。

4・乾いた布で傘の水分を拭き取る。

5・お風呂場でそのままある程度乾かす。

6・ドライヤーの温風を傘全体にまんべんなく当てる。

(ドライヤーの熱を当てることによって、フッ素の効果がもどって撥水効果がよみがえる。)

7・熱がとれたら保管する。

傘を何度も洗うと、撥水効果が弱まります。

撥水効果が弱まったと思ったら、きれいに洗って乾かした後に防水スプレーをかけると良いでしょう。

スポンサードリンク

傘のサビの落とし方はどうするの?

濡れた傘をそのまま巻いて放置したりしていると、傘の金属部分からサビがでたりします。

傘の生地にサビがついてしまって、困ったことはありませんか?

傘の金属部分のサビの落とし方

1・紙ヤスリ、スチールウールでサビの部分を擦ります。

また、ホームセンターに行けば、クリーム状のサビ落としなども売られているので、それを布にとって拭いてもサビは落ちます。

2・サビを落とした後に防錆剤(CRC5-56)を塗ります。

この処理をしないと、また同じところからサビてしまいます。

3・骨に色がついている場合は、骨の色に合わせて油性マーカーや油性ペンキで色をつけるときれいに仕上がります。

日頃から、傘を使用した際には乾かしてからたたむようし、サビを発生させないように心がけるのが大切です。

傘の布部分にサビがついてしまったら

傘の布の部分に茶色いサビがついたら、なんだかきたならしいですよね。

薄い色の傘だったら、サビが目立ってしまいます。

<準備するもの>

・お酢

・台所用中性洗剤

・歯ブラシ

<布についたサビの落とし方>

1・まず、水でサビのついた部分をもみ洗いして落とします。

2・もみ洗いで落ちなかった箇所に、お酢と中性洗剤を直接塗り、歯ブラシで丁寧に擦ります。

3・水でお酢と洗剤を洗い流したら、落ちていない箇所をチェックします。

4・まだサビが残っている箇所には、酸素系漂白剤(色物でも使用可)をつけて漂白します。

白い生地なら、錆を落とすことが出来る還元系漂白剤「ハイドロハイター」が使用できます。

家庭で試してみてもとれない場合は、クリーニング店でも受け付けてもらえるので、相談してみてもいいと思います。

雨傘のお手入れのまとめ

いかがでしたか?

傘もきれいに洗うことができるのですね。

スポンサードリンク

日頃のお手入れをまめにして、お気に入りの傘を長持ちさせたいですね!

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. haruno-yuki より:

    傘をバンドでとめることについてのお問い合わせについて頂いたI様

    お返事させて頂いたのですが、アドレスが拒否されるようでメールが届きません。
    こちらで返答させて頂きます。

    I様
    当ブログをご覧頂きありがとうございます。
    傘をバンドでとめることについてのお問い合わせについて返答させて頂きます。

    濡れた傘を傘たてに入れるときは、バンドをして閉じるのがマナーに適っています。
    かびがご心配とのことですが、傘をとじるときに軽く水滴を落とすようにして閉じれば大丈夫です。
    さらに気になる場合は、専用のタオルを用意して、水滴を拭くようにしてはいかがでしょうか。

    自宅に戻ってからのお手入れをおろそかにしなければ、においや汚れ、かびを防ぐことができます。
    私も外出先では、濡れた傘をバンドでとじておいて置きますが、自宅に戻ってからすぐに水分を拭き取り、玄関先で乾かしておきます。
    汚れが取れないときは中性洗剤で洗っています。
    この様な感じで、同じ傘を7年ほど使用していますが、まだきれいなので使用し続けるつもりです(笑)。
    軽く防水スプレーをしておくのもカビ防止におすすめです。
    ご参考になれば幸いです。

    暮らしのひとしずく (http://kurashino-hitoshizuku.com)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑