夏の窓からの暑さ対策はどうする?フィルムが効果的!スプレーの効果は?

公開日: 

sudare

暑さ対策として、何か特別なことはしてますか?

実は部屋の暑さの原因って、窓ガラスからの光や熱によるところが大きいのです。

そこで、夏の窓への暑さ対策の方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

夏の窓からの暑さ対策はどうする?

昔、私は西向きの5階建てマンションの最上階に住んでいました。

もう、夏が地獄のように暑くて暑くて・・・。

外出して帰って来たら、部屋はサウナの様。

急いでエアコンをつけても、なかなか涼しくはなりませんでした。

西向きにベランダ用の窓が全面についていたのと、天井からの熱気で、まるでここは太陽光発電所か!状態です。

在宅のときは、朝から晩までエアコンをつけっぱなしでした。

あまりにも暑いので、窓からの熱気対策をいろいろ試みてみました。

<よしずを立てる>

大きな窓にはよしずを立てました。

よしずの原料は葦です。

葦は水辺の植物だけあって水を吸収するので、よしずに水をかけると少し涼しく感じられました。

<簾をかける>

小さめの窓には簾をかけました。

原料は竹です。

窓の外につるす外掛けのものを使用しました。

カーテン全開でも、外からの視線を遮ることができるので、風通し良く過ごせます。

<梱包材のプチプチを窓に貼る>

プチプチは断熱材として使用でき、クーラーの保冷効果を高めます。

<遮光&遮熱カーテンを使用する>

熱と光を遮る効果のあるカーテンです。

遮熱カーテンは窓からの熱をブロックし、部屋の中の冷気を外に逃がさない役割があります。

<緑のカーテンを作る>

窓の外にビニールテープを吊るし、蔓性の植物(ゴーヤ、ヘチマ)をはわせる。

窓辺がグリーンになって、気分的に涼しげになります。

<園芸用遮光ネットを使用する>

園芸用遮光ネットとは、遮光率60~75%くらいのビニール製のネットのことです。

ホームセンターに行けば、色々種類がありますよ。

これをよしずに貼り付けたり、窓の外に吊るしたり、簾にくくりつけたりして使用します。

室温が7℃くらい下がったという報告もあります。

窓の暑さ対策にフィルムが効果的!

窓の暑さ対策に特に効果的でオススメなのが、遮熱フィルムを貼ることです。

貼ってみると、違いが歴然でした。

このフィルムは太陽光線を反射することにより、部屋の温度上昇を抑えることができます。

このフィルムを貼ることによって、クーラーの効率がアップし、電気代が節約できます。

使い方はとても簡単です。

<遮熱フィルムの貼り方>

1・フィルムを窓の大きさに合わせてカットする。

2・窓の汚れをきれいに落とす。

3・霧吹きで窓の表面を塗らす。

4・保護シールをはがし、窓に貼り付ける。

5・貼ったフィルムの上から霧吹きで水をかける。

6・同封のへらで空気と水分を抜く。

とっても簡単に不器用な私でも一人で貼れましたよ♪

<注意点>

金網の入っているガラスは、割れる恐れがあるので使用しないで下さい。

・シートを一部分だけに貼った場合、窓ガラスに温度差ができてしまい、ガラスが割れてしまう恐れがあります。必ずガラス全面に貼って下さい。

スポンサードリンク

窓の暑さ対策にスプレーの効果は?

いろいろ窓の暑さ対策をご紹介してきましたが、なんだか面倒だな~という方にはスプレーはいかがでしょうか?

このスプレーは窓ガラスに直接スプレーすることで、熱を遮断することができるのです。

冷房効果を上げるだけでなく、冬場には断熱効果を発揮して結露を予防できるすぐれものです。

このスプレーは室内と窓の間に膜を作ることによって、部屋への熱の放出を抑える効果があります。

一度使用すると、窓を水拭きしたり空拭きしても効果は落ちません。

効果は約1ヶ月なので、1ヶ月ごとにスプレーをする必要があります。

窓用省エネスプレー 「寒い暑いその時」 400ml 【P25Apr15】

価格:1,490円
(2016/4/26 22:01時点)
感想(0件)

夏の窓への暑さ対策のまとめ

いかがでしたか?

クーラーで部屋を冷やすことが多くなりますが、窓からの暑さ対策をしっかり行えば、電気代の節約にもなります。

ご紹介した方法を試せば、違いにびくっくりすると思いますよ!

スポンサードリンク

是非お試しくださいね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑