とうもろこしの保存で生の場合は?冷凍のススメとおいしい解凍方法

公開日: 

toumorokoshi_corn
旬の頃のとうもろこしって、甘くて本当においしいですよね。

とうもろこしは収穫の瞬間が美味しさMAXで、時間が経つに従って糖度が落ちていきます。

なるべく、とうもろこしの美味しさを保ちたい!

そこで、とうもろこしの美味しさをキープできる保存方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

とうもろこしの保存で生の場合はどうするの?

とうもろこしは、できるだけ早く新鮮なうちに食べるのが一番です。

しかし、すぐに食べられない場合、いったい保存はどのようにすればいいのか気になります。

生のとうもろこしは、だいたい3日~4日程度保存することができます。

とうもろこしは、収穫して日数が経つと、みるみる糖分が失われていきます。

なるべく甘みが逃げないように保存するには工夫が必要です。

収穫したときの皮、ひげがついた状態で新聞紙で包み、その上からサランラップでさらに包んで乾燥を防ぎます。

そして冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。

立てて保存する理由は、とうもろこしは生えている時に立った状態なので、寝かせると立った状態に戻ろうとして糖分を消費してしまうからです。

また、とうもろこしは生のままでも冷凍保存ができます。

やり方は、とうもろこしの皮を剥がずにラップをして冷凍保存します。

食べるときは、冷凍のまま塩茹でするか、電子レンジで加熱します。

保存期間は、およそ1ヶ月です。

とうもろこしの保存には冷凍がおすすめ

とうもろこしを保存するには、生のまま保存するよりも、できるだけ早く調理して冷凍するのがオススメです。

とうもろこしの美味しい茹で方

とうもろこしの皮を2,3枚残してそのまま茹でると風味が増して美味しくなります。

茹でるときは、鍋にとうもろこしがひたひたに浸るくらいの水を入れます。

水からとうもろこしを茹でます。

水から茹でることによって、実が水分をたっぷりと吸ってふっくらと茹で上がるのです。

スポンサードリンク

沸騰してから中火で3分~5分茹でると美味しく茹で上がります。

(冷凍保存する場合は固めに茹でます。)

茹で過ぎると甘みが水に溶け出てしまうので、気をつけてくださいね。

茹で上がったら、1リットルの水に30gの塩を入れて作った塩水に、皮をむいたとうもろこしをつけて味を付けます。

茹でたとうもろこしは冷蔵で2日~3日程度保存できます。 

とうもろこしを電子レンジで加熱調理する方法

ラップに皮ごと洗ったとうもろこしを包み、電子レンジ(600W)で1本あたり約5分加熱します。

皮ごと加熱すると、風味が増して美味しいですよ。

皮の汚れが気になるときは、何枚か剥がしてから洗ってください。

加熱後、茹でたときと同様に、塩水につけて味を付けます。

とうもろこしの冷凍の仕方

茹でたり、電子レンジで加熱したとうもろこしを素手でふれないように、一本ずつ熱いうちにラップで包みます。

熱いうちにラップをすると、とうもろこしのつぶがしわしわになりにくいです。

冷凍する際は、塩水で味付けはしません。

冷めたら、ビニールの保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

また、ほぐしてから冷凍すると、冷凍庫でかさばらないですし、色々な料理に手軽に使用できて便利です。

1ヶ月を目安に食べきってください。

とうもろこしを冷凍したときの解凍方法は?

とうもろこしを冷凍保存したときに、おいしく頂ける解凍方法はあるのでようか?

自然解凍だと、どうしても水っぽく感じるかもしれません。

試してみて美味しかったとうもろこしの解凍方法を、ご紹介したいと思います。

・軽くレンジで解凍し、ホイルなしでトースターで軽く焦げ目が着く程度に焼く。(醤油などで味付けする)

・アルミホイルに一本まるまる冷凍したとうもろこしを包み、トースターで焼く。(味付けはお好みで)

・冷凍したとうもろこしをもう一度軽く塩茹でし、ざるで水気をきる。

・生のままほぐして冷凍した場合は、解凍せずに直接調理に使用する。

とうもろこしの保存・まとめ

いかがでしたか?

とうもろこしはなるべく早く食べるのが一番です。

スポンサードリンク

でも一度に食べきれない場合は、上手に保存して長い間とうもろこしを楽しみましょう。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑