パイナップルの食べごろの見分け方・丸ごとを保存するには?切り方は?

公開日: 

cut_fruit_pineapple
甘酸っぱくてさわやかな味のパイナップル。

私の好きなフルーツの1つです。

パイナップル味のアイスやお菓子も大好きです。

スーパーでカットされたパイナップルも時々買います。

でも、丸ごとのパイナップルって、なかなか手が出ませんね~。

なんとなく、処理が大変そう。食べごろもよくわからない。

まあ、自分では買いません。

ところが、お供えなどのお下がりで、丸ごとのパイナップルをよく頂くんですよ。

何度か丸ごとパイナップルを扱っているうちに、なんとなく食べ方のコツがつかめてきました。

そこで、パイナップルの丸ごとの保存方法や食べごろ、切り方などをご紹介します。

スポンサードリンク

  

パイナップルの食べごろの見分け方

丸ごとのパイナップルの食べごろって、イマイチわかりにくくありませんか?

実はパイナップルは、メロンのようにしばらく常温で置いても追熟しません。

桃みたいに常温で置いておいても、甘くなったりしないし、腐ってしまうだけです。

つまり、お店で売られているのが食べごろなのです。

お店で買う段階で、おいしそうなものを選ぶことが大切です。

まず、パイナップルの葉の部分を見てください。

葉がピンとしていて緑色が濃いものに注目してください。

葉が濃い色なのは、太陽の光をいっぱい浴びて育った印なのです。

そのようなパイナップルの実は、当然甘いということです。

次に、形を見てください。

お尻がずっしりと太くなっているものが甘いです。

皮の色は黄色っぽいのがオススメです。

最近は完熟のオレンジっぽい品種もあります。

このようなものは大変甘いので、すっぱいのが苦手な人にはオススメです。

あと、底がカビでいないかしっかりチェックしてくださいね。

そしてパイナップルが食べごろか見分ける一番のポイントが、香りです。

パイナップルのお尻の方から、甘~い香りがしていたら食べごろです。

いかにも甘くて美味しそうな香りがしますよ。

美味しそうなものを選んで買って来たら、すぐに食べてしまいましょう。

丸ごとパイナップルを頂いたときも同じです。

お尻の香りを嗅いで、甘い香りがしたら早めに食べちゃいましょう。

スポンサードリンク

パイナップルの丸ごとを保存する方法

丸ごとのパイナップルを保存するにはどうしたらいいのか、結構悩みますよね。

私も昔はどうしていいのかわからなくて、床にごろんと立てておきっぱなしでした。

でも、こうするとパイナップルの底(?)の部分にカビが生えてきてしまったりするんですよね。

気がついたら腐ってしまっていたり。

パイナップルは買ったときがすでに食べごろなので、早めに食べたほうがいいのです。

しかし、すぐに食べない場合には、正しい保存方法があるのでご紹介します。

<丸ごとパイナップルの保存方法>

1・新聞紙でパイナップルを包む。

2・風通しの良い冷暗所か野菜室で保存。

3.パイナップルの置き方は、葉の部分を下(無理な場合は横向け)に置く。

(葉を下に置くと、パイナップルの下に溜まった甘さや旨みが、全体にいきわたります。)

4・保存期間は4~5日。

パイナップルを置いておくと、糖度が上がるわけではありません。

ただ、酸味が抜けるために甘く感じます。

酸っぱいパイナップルが苦手な場合は、常温で少し置いておくと酸味が抜けて食べやすくなります。

<パイナップルの冷凍保存方法>

1・パイナップルを食べやすい大きさに切る。

2・タッパーや保存用袋に並べて入れる。

3・冷凍庫で保存。

4・保存期間は1~2ヶ月。

シャーベット状にして食べるのも美味しいですし、砂糖と煮詰めてジャムにしたり、料理に使ったりして楽しめますよ。

パイナップルの丸ごとの簡単な切り方

見た目、手ごわそうなパイナップルですが、意外と簡単に切ることができます。

<丸ごとパイナップルの切り方>

1.頭の葉の部分をねじりながら引き抜く。(軍手を使うと痛くないですよ。)

2.包丁で、縦に半分に切る。

3.2をもう半分に切る。(四等分にします。)

4・両端を切り落とす。

5・四等分したものを立てて、芯を切り落とす。

6・さらに縦に半分に切る。(八等分になります。)

6・果肉と皮の間に包丁を入れて切り離す。(メロンの切り方みたいに切ります。)

7・食べやすい大きさに切って、皮の上に並べる。

思ったより簡単に、切ることができます。

フレッシュなパイナップルはものすごくおいしいので、是非挑戦してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今までパイナップルを丸ごと買うのを敬遠していた方も、いらっしゃると思います。

また、丸ごとのパイナップルをもらって腐らせてしまったという経験をされた方も多いでしょう。

パイナップルは美味しそうな香りがするのを選び、すぐに食べるのがコツです。

スポンサードリンク

切り方も簡単だし、お値段もお手ごろなので、丸ごとパイナップルを食べてみてくださいね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑