ご飯をおいしく炊く方法。安い米・古米をおいしく食べるには?

公開日: 

food_gohan_hakumai

白いご飯っておいしいですよね~。

毎日食べたって全然飽きないです。

普通に炊いたっておいしいご飯。

でも、少しのコツで一段とおいしいご飯が炊きあがるのです。

さらに、安いお米や、古米をおいしく炊く方法もご紹介します。

スポンサードリンク
  

ご飯をおいしく炊く方法とは?

おいしいご飯を炊くには、まずお米の洗い方に注意してください。

お米は洗い過ぎないほうが、おいしく炊けます。

水が透明になるまで洗うと、米の旨みが残りません。

米の旨みを残すには、指を立てて米を洗い、水を3回かえてすすぐ程度にしてください。

米をといだ後、30分ほどおいてお米の芯まで水を含ませると、ふっくらおいしく炊けます。

でもその時間がないときがありますよね。

そのような時は40℃のぬるま湯に10分間浸せば、十分お米に水分を含ますことができます。

40℃以上のお湯だと、お米の表面が煮えてしまい、おいしく炊きあげることができませんのでご注意ください。

ご飯が炊きあがったら、米1合に対して小さじ1の日本酒を加えます。

ご飯を良く混ぜてから、蓋をして蒸らします。

こうすることによって、ご飯の香りが良くなり、ご飯の1粒1粒が輝きおいしくなりますよ♪

安い米をおいしく炊くには?

安いお米の味をランクアップさせたい!

そのようなときにオススメな方法をご紹介します。

安いお米に対して、5%の量のもち米を加えて炊いてみてください。

もち米とうるち米を一緒に洗って、普通にいつもどおりに炊きます。

お米のツヤも粘りも香りも1段と良くなりますよ。

また、お米1合に対してみりんとサラダ油を、各小さじ2分の1ずつ加えて通常通り炊いてください。

スポンサードリンク

こちらの方法も、ふっくらとツヤツヤご飯が炊きあがります。

味もワンランクアップしますよ!

お米1合に対してニガリを1滴加えても、おいしく炊きあがります。

そのほかの方法は、お米3合に対して、昆布を5cm角に切ったものと水飴か蜂蜜を小さじ1杯入れて炊くと、甘みと旨みとツヤが出ておいしくなります。

このように、安いお米をおいしく炊く方法はいろいろあるので、お気に入りの方法を見つけてくださいね!

古米をおいしく食べるには?

新米に比べると古米は水分が失われています。

そこで古米をといだ後は、新米のときよりも少し長く水に浸しましょう。

また、ご飯を炊くときも、新米のときより水を多めにします。

古くなったお米は、独特のくさみがします。

このくさみをとるには、お米1合に対して梅干を1個入れて炊くとくさみがマシになります。

梅干の代わりに、生姜の薄切りを2枚~3枚入れても良いです。

このようにしてご飯を炊くと、くさみがとれるだけでなく、ご飯の傷み防止にもなります。

暑い時期のお弁当のご飯を炊く際に、オススメな炊き方です。

また、ご飯を傷ませないためには、お米1合に対してお酢小さじ1を加えて炊くと安心です。

さらに古米をおいしくするには、お米を水に浸す際に、お米2合に対して小さじ1程度蜂蜜を入れるのもオススメです。

蜂蜜に入っているアミラーゼがお米のデンプンを分解して、お米の甘みが強く感じられるようになります。

お米のツヤも良く炊きあがりますので挑戦してみてくださいね。

ご飯をおいしく炊く方法のまとめ

いかがでしたか?

本当にちょっとのことでぐっとおいしくなるこの裏ワザ。

簡単なので是非お試しください。

スポンサードリンク

安いお米だって、味がランクアップすること間違えなしです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑