結婚式の服装で女性の場合のマナー・靴は?小物にも決まりがあるの?

公開日: 

tatemono_dress_shop

秋は6月と並んで結婚式の多いシーズンです。

結婚式の披露宴に招待された時、服装に悩む時がありますよね。

特に女性は服装の選択肢が広いので、マナー違反にならないよう気をつけて服装を選ばなくてはなりません。

新郎新婦や周囲の人たちを不快な気持ちにさせないための、結婚式での服装のマナーをご紹介します。

スポンサードリンク
  

結婚式の服装で女性の場合のマナーは?

結婚式に出席する際の女性の服装には、守るべきマナーがたくさんあります。

・白いドレスは避ける。

白いドレスは当然花嫁さんのものです。

淡いベージュや淡いピンクも白っぽく見えることがあるので、色目を気をつけてください。

・黒いドレス

黒いドレスは着方によってはOKです。

全身真っ黒で喪服のようにならないように、小物やアクセサリーで華やかな装いにしてください。

・バイカラーのドレス

バイカラーは2色に別れているため「別れ」を連想してしまうから避けるべきだと言う意見もあります。

・単色のドレスをなるべく選ぶ。

フォーマルなシーンでは、単色のドレスが基本です。

・ツーピース

バイカラーと同様の理由で避ける人もいます。

・花嫁のお色直しのドレスと同じ色のドレスは避ける。

花嫁さんの気分を悪くさせるかもしれません。前もってドレスの色を確認しておきましょう。

・露出の少ないドレスにする。

あまりにミニ丈や、肩が出たり、身体の露出が激しいドレスはNGです。

昼間に行われる結婚式では、アフタヌーンドレスかセミアフタヌーンドレス。

袖のあるものか、5分袖以上が正式です。

夕方からはカクテルドレスでノースリーブやデコルテが開いていても大丈夫です。

ただ式の時は神様の前での露出を控える様、ショールやボレロなどを羽織りましょう。

・キャミドレス

ノースリーブくらいにしておく方が上品です。

・ファーや革素材のドレス

ファーや革素材のドレスものは「殺生」を想像させるので、結婚式ではNGです。

・豹柄、ワニ皮のドレス

こちらも「殺生」を連想させます。

・パンツスタイルはOK

パンツスタイルも華やかでドレッシーな装いにすれば大丈夫です。

・和装

未婚女性であれば振袖が正式で、既婚女性は訪問着、一つ紋色無地、付け下げを着用します。

小紋や紬は普段着扱いになるので、着用しません。

スポンサードリンク

結婚式の服装のマナーで女性の靴に決まりはあるの?

結婚式に出席する際に、靴選びにもマナーがあります。

女性が結婚式に出席する際は、つま先の隠れるパンプスで出席するのが正装とされています。

つま先が出るオープントゥや、踵が出るミュール、サンダルはカジュアルに見えるため、結婚式にはNGとされています。

オープントゥのパンプスは「つま先が出る」=「妻が先に出る」という意味合いになり、避けるべきなのだそうです。

ちょっとびっくりです^^。

また、バイカラーのパンプスもNGとされていて、正装には単色のパンプスを合わせます。

そしてブーツもカジュアルすぎるので、フォーマルな服装に合わせるのはやめましょうね。

結婚式のマナーで小物で気をつけることは?

結婚式でのバッグについて

「白っぽいドレス」は花嫁さんとかぶるので、駄目ってことは皆さんご存知だと思います。

では、白い小物は大丈夫なのでしょうか?

白いバッグや白い靴は、実はNGではないのです。

避けたほうが良いバッグは、革製品やビニール素材、綿素材のものです。

カジュアルすぎるので披露宴のシーンには合いません。

また、サブバッグとして、きれい目の紙袋をもつ人もいらっしゃいますが、どんなにハイブランドの紙袋でもやめましょう。

大きすぎるバッグも正装ではふさわしくないです。

小さめのバッグを持つのが正解です。

結婚式でのボレロ・ストールについて

ボレロやストールは、座ると上半身しか見えなくなるので、白いものは避けたほうが良いでしょう。

また、ファーのボレロも避けてください。

結婚式でのストッキングについて

結婚式でのストッキングは基本肌色のものを着用します。

暑い時期の結婚式だからいって生足は、正装にはふさわしくありません。

必ず肌色のストッキングを着用しましょう。

また、黒いストッキングは喪服を連想させるので避けてください。

年配の方によっては良い印象を持たない方もいらしゃいます。

また、網タイツやカラータイツも正装にはふさわしくありません。

結婚式でのアクセサリーについて

正装では、あまりにジャラジャラとした物はカジュアルな印象を与えるので、NGです。

昼間の式では、ギラギラした豪華なゴールドなどのアクセサリーもふさわしくないとされています。

光るアクセサリーは夜の式ではOKです。

あくまでも上品なものを選ぶようにしましょう。

結婚式での髪型について

髪が長ければ、アップかハーフアップに整えます。

ダウンスタイルはNGです。

肩位までの長さならば、きちんとセットしてあれば、髪をおろしていても大丈夫です。

しかし、カチューシャはカジュアルなので避けましょう。

結婚式の服装のマナーのまとめ

いかがでしたか?

結婚式には服装のマナーがたくさんあって、今まで間違っていたなっていう方もいらっしゃるかもしれません。

私自信も、今まで間違えたことは数知れず・・・。

スポンサードリンク

服装のマナーを頭に入れつつ、自分らしいおしゃれを楽しんでくださいね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑