竹田城跡の雲海が見られる時期は?立雲峡からの撮影と駐車場について

公開日:  最終更新日:2016/06/21

takedajou

「天空の城」「日本のマチュピチュ」と呼ばれる兵庫県朝来市の竹田城跡。

雲海の中に浮かぶ城跡を、CMなどでご覧になった方も多いと思います。

実はこの雲海、いつでも見られるわけではないのです。

そこで竹田城の雲海が美しく見られる時期についてご紹介します。

スポンサードリンク

竹田城跡の雲海が見られる時期は?

大阪市内から車で約120分程で行ける竹田城跡は、日本の百名城にも選ばれている山城です。

標高350m山頂にある城跡で、築城から400年以上たっても当時の石垣が完存しています。

2016年竹田城跡では、2年ぶりに天守台と本丸が開放されます。

2013年秋に発生した転落事故によって一時立ち入り禁止になっていました。

安全対策がとられ、やっと解禁になりました。

この機会に竹田城跡の雲海を楽しみに行きましょう!

竹田城跡のホテル・周辺観光についてはこちら
       ↓
竹田城跡でおすすめ旅館とホテル・ランチ・周辺の観光スポットをご紹介

<雲海が期待できる時期>

9月の下旬~4月上旬といわれています。

その中でも11月下旬~12月上旬が一番濃い雲海が出やすい時期です。

<雲海の見られる時間帯>

明け方から午前8時頃までです。

<雲海の見られる条件とは>

・湿度が高く十分な放射冷却がある。

・昼間と夜間の温度差が激しく、気温差が10℃以上ある日の翌朝。

・但馬南部地方に濃霧注意報が出ていれば、雲海が見られる可能性が大。

・晴れていること。

・風が弱いこと。

雲海は朝昼の気温差が必要なので、夏場と冬場の雲海が出る可能性はほとんどないです。

やはり秋ごろの訪問をオススメします。

また、雪が積もる時期(平成28年度は1月4日(月)~2月29日(月))は登山道の凍結や転倒で怪我の恐れがあるため入城禁止になります。

住所: 兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169番地

電話番号:079-674-2120

観覧料: 大人(高校生以上)500円 / 中学生以下 無料 / 年間パスポート 1,000円

雲海のシーズン(9月~12月)朝4時からの開場になります。

それ以外のシーズン(3月~8月)は開場が8時です。

雲海を見る場合は、現地での待ち時間も長いので、折りたたみ椅子や温かい飲み物・朝食を用意して行くことをオススメします。

早朝はかなり冷え込みますので、温かい服装でお出かけください。

足元もしっかりとしたトレッキングシューズなどを履いてくださいね。

立雲峡からの雲海が撮影にはおすすめ

雲海に包まれる竹田城跡の全体を見るのなら、川を挟んだ対岸に有る立雲峡からがオススメです。

竹田城跡の美しい写真はここから撮影されたものも多いんですよ。

立雲峡は、朝来山中腹にある山桜の名所として有名です。

スポンサードリンク

中腹にある駐車場から山道を登って20~30分で第一展望台に到着します。

ここはまさに竹田城の絶景の撮影スポットです。

駐車場からの道は、かなりな登り坂になります。

しっかりとした靴で行くことをオススメします。

早朝に登る場合は、とても暗く、足元が見えないので懐中電灯が必要です。

途中、クモの巣がはっている箇所がたくさんありますので、注意しながら進んでください。

立雲峡の駐車場は24時間開放されていて、結構広いスペースです。

駐車場までの道はすれ違うのが難しい険しい道です。

早朝の場合は、ほとんど対向車はないので安心です。

立雲峡に入る場所には看板があります。

目印を見逃さないようにしてくださいね。

和田山ICからだと、国道312号線を姫路方向に南下して「竹田」交差点を左折します。

県道277号線を1キロほど坂道を進んだところにこの看板があります。

右折して約1kmで駐車場に到着します。

また、竹田城跡と立雲峡の距離は車で10分弱の距離です。

時間がある方は両方に行ってみるのがオススメです。

日の出前に立雲峡で雲海に包まれる竹田城跡の全景を撮影し、陽が昇ってからは竹田城跡まで行ってはいかがでしょうか?

竹田城跡への駐車場はここがおすすめ!

竹田城跡の近くには中腹駐車場がありますが、登山道は道幅が狭く危険なため、一般車両は中腹駐車場まで入ることは出来ません。

山城の郷で駐車し、そこから徒歩もしくは、天空バス、タクシー利用します。(冬期通行止め期間中は徒歩でのみ入れます。)

<山城の郷>

2001年にオープンした、竹田城跡の西側に位置する観光施設です。

レストラン・トイレ・お土産処・自動販売機などが充実している施設です。

大きな駐車場も用意されています。

クルマやバイクでをここに駐車し、ここから歩いて(約40分)竹田城址に向かいます。

雲海シーズンには天空バスというシャトルバスが運行しています。

3月から冬期間を除いて城下町周辺と竹田城を周回しています。

山城の郷から竹田城中腹駐車場まで10分ほどで運賃は150円です。

<まちなか駐車場>

駐車料金無料の駐車場です。

ここに車を停めて天空バス、もしくは徒歩で竹田城に登ります。

ここから天空バスを利用して、竹田城近くの山城の郷へ(約10分)です。

<イオン和田山店>

秋の雲海シーズン(9月半ば~12月初旬)の土日祝は、観光客で混雑が予想されます。

土日祝の早朝4時よりイオン和田山店(臨時駐車場)から山城の郷を結ぶ路線バスが運行されます。

「竹田城早朝雲海バス」

区間:イオン和田山店(全但バス「イオン」停留所)~ 山城の郷(天空バス「山城の郷」停留所)

時間:午前4時00分~午前9時20分

【行】イオン⇒山城の郷:4時00分~6時20分の間、20分間隔で運行

【帰】山城の郷⇒イオン:7時00分~9時20分の間、20分間隔で運行

料金:片道500円(小人・身障者250円)

まとめ

いかがでしたか?

せっかく竹田城跡を訪れるなら、雲海に包まれる景色を見たいですよね。

週間天気予報とにらめっこして、ターゲットの日を見つけてくださいね!

スポンサードリンク

竹田城跡の雲海の絶景を、見ることが出来ますように。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑