安い豚肉をおいしくする方法とおいしいとんかつを作るコツ

公開日: 

food_tonkatsu

安くてお買い得な豚肉を見つけると、ついついたくさん買っちゃいます。

さっそくお料理に使うと、あれれ・・・何だかお肉がかたいし、パサパサ・・・。

な~んてことよくありますよね。

せっかく特価で買えた豚肉を、おいしく、柔らかくする方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

安い豚肉をおいしくする方法

安い豚肉の赤身は加熱すると、どうしてもパサパサになってしまいます。

そんなとき、マヨネーズをお肉にすりこむと、しっとりジューシーになります。

マヨネーズを生の赤身肉にすりこみ、ラップして1時間置きます。

小麦粉をまぶしてソテーすると肉の旨みとコクが逃げません。

安くてかたい豚の細切れ肉は、お酒もみこんで片栗粉まぶすと、柔らかく旨みが引き出されておいしくなります。

また炭酸水につけておくと、炭酸水素ナトリウムが、肉が持つタンパク質を溶かし柔らかくしてくれます。

コーラなどの甘い炭酸の飲み物も、焼き豚や角煮を作る時煮使用すると、甘みと柔らかさをプラスしてくれます。

スポンサードリンク

牛乳に30分以上つけておく方法も有効です。

牛乳の成分にお肉を分解する性質があり、つけこむことによってかたいお肉が柔らかくなります。

また、パイナップルジュースにつけこむことで、パイナップルに含まれる酵素によってお肉が柔らかくなります。

酢豚にパイナップルを入れるのも、このような効果があるからなんですね。

おいしいとんかつを作るコツ

とんかつを作る時、ちょっとしたコツで格段とおいしくなります。

下ごしらえの状態で、必ず筋切りをしてお肉の縮みを防止しましょう。

こうすることで、加熱中にお肉が縮むことなく舌触りも良くなります。

また、下ごしらえの塩コショウをした後に、お肉の両面にはちみつを薄く塗ります。

はちみに含まれる成分がお肉を柔らかくします。

出来上がったとんかつに、はちみつの味はしないのでご安心くださね。

さらに、特価のロース肉でおいしいとんかつを揚げるには、小麦粉の代わりに市販の唐揚げ粉を使います。

深い味わいになり、パサパサ感もなくなります。

お安い豚肉で、ゴージャスなとんかつが出来上がります。

まとめ

いかがでしたか?

この方法さえ知っていれば、特価の豚肉でもおいしくなりますよ♪

スポンサードリンク

簡単なので是非、お試しくださいね。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑