お彼岸に結婚式をするのは非常識?招待状はどうする?墓参りする意味とは

公開日: 

shinzenshiki_couple

めでたく結婚が決まりました!

さあ、日取りはいつにしましょうと言う時に、「お彼岸の結婚式は非常識だ。」なんていわれることがあります。

これってどういうことなのでしょう?

日本には地域によって色々な風習、マナーがありますよね。

そこで、お彼岸の結婚式について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク
  

お彼岸の結婚式は非常識?

お彼岸の時期は、3月の春分の日(中日)を中心に前後7日間9月の秋分の日(中日)を中心に前後7日間のことをさします。

お彼岸は1年に2回あるのです。

お彼岸の初日を「彼岸入り」、春分の日と秋分の日を「中日」、最後の日を「彼岸明け」と言います。

お彼岸中に結婚式を挙げるのは非常識なのでしょうか?

結論から言いますと、お彼岸の結婚式はマナー違反でも非常識でも、縁起が悪いということもありません。

若い世代の方は、気にしない人が多いと思います。

ただ、年配の方やしきたりを大切にする方からは、あまり良く思われないかもしれません。

一般的にも避ける傾向があります。

地域によってはお彼岸の結婚式をしないところもありますから、相手と自分の出身地の慣習に合わせる方が良いでしょう。

お彼岸に結婚式を挙げることは、仏教的には問題はありません。

神社とお寺に問い合わせたところ、お彼岸はむしろ良い日取りだそうです。

気になる点は、お彼岸には御墓参りの予定を立てている方が多いから、出席者に迷惑がかかってしまうということがあります。

そのような観点から考えると、お彼岸の結婚式は避けたほうがよいかも知れません。

スポンサードリンク

もし、お彼岸に式を行う場合は「お彼岸のお忙しい時期に申し訳ありません。諸事情によりこの日に結婚式を挙げることになりました。」と一言お詫びの言葉と共に招待すれば非常識と思われたりしないでしょう。

お彼岸に「お祝い事をしてはならない」ということは本来ないのですし、お墓参りの期間も一週間程度の彼岸の内に行けばよいと思います。

新郎新婦のお互いのご家庭が納得しているのであれば、お彼岸の結婚式も問題ないと思います。

ただ、気にする人もいらっしゃるということを、頭の隅においておきましょう。

お彼岸に結婚式の招待状を出してはいけない?!

結婚式の招待状をお彼岸に出しては縁起悪い?

そのようなことをおっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、そのようなことは全くありません。

招待客にしてみれば送付日など気にしないと思います。

お彼岸の期間中に招待状が届いても、別に迷惑でもなんでもありません。

ご自分が気になるのであれば、時期をずらしてもよいと思います。

式までに時間がないなどの事情があれば、気にせず早く送ってしまった方が招待客にも迷惑がかかりません。

お彼岸に墓参りをする意味とは?

そもそもどうしてお彼岸にお墓参りをするのでしょう。

春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈みますね。

昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。

仏教の考え方では、死をもって到達する悟りの世界を彼岸といいます。

生きているものたちの迷いや煩悩であふれる世界を此岸(しがん)といいます。

彼岸は西に、此岸は東にあるとされているので、春分と秋分の時期は彼岸と此岸が一番通じやすくなる時期と考えられました。

そこでお彼岸の日は、此岸から彼岸へご先祖様に会いに行く時期となりました。

これらの理由から、お彼岸には、ご先祖様に感謝を表しご供養をするためにお墓参りをするのです。

まとめ

いかがでしたか?

お彼岸に結婚式を挙げることは、非常識でも縁起が悪いことでもありません。

双方のご家族が納得いくように取り決めることが大切です。

スポンサードリンク

素敵な結婚式が挙げられるといいですね!

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑