汗によるかゆみの原因は?顔の場合とかゆみを抑える対策をご紹介

公開日: 

kayui

汗をかくと、何だか体や顔がむずむずしませんか?

私の場合、エアコンをかけずに部屋で我慢していると、顔や首が痛がゆくってたまらなくなります。

自分の顔の皮脂がかゆくて、ひりひりしてしまうのですが、これってちゃんと原因があるのです。

そこで汗をかくと皮膚がかゆくなる原因とかゆみを抑える対策をご紹介します。

スポンサードリンク
  

汗によるかゆみの原因は?

汗をかくと肌がかゆくてひりひりするという人は、たくさんいらっしゃると思います。

私も顔と首がとてもかゆくなるタイプです。

かゆみの原因のひとつは、汗をかくことによって肌がアルカリ性に傾き、皮膚の細菌のバランスが崩れることにあります。

本来、肌は弱酸性に保たれていますが、汗を放置することによってアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

このことによって非常にかゆみが出る状態になってしまうのです。

また汗をかくと体から水分が蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると、肌のかゆみの原因となります。

そして汗によるかゆみの症状の原因で、あせもによるものも多いです。

あせもは大量の発汗により、汗が出口で詰まってしまって炎症を起こします。

最近は、夏場の厳しい暑さのため、大人のあせもも増えています。

掻きむしって肌を傷めないように、気をつけましょう。

汗によるかゆみで顔の場合

顔に汗をかいてタオルで拭いても、かゆみが治まらないときがありますよね。

このような場合は、肌の乾燥に原因があるかもしれません。

皮脂が気になって洗顔フォームなどで顔を洗いすぎると、皮脂膜がなくなり肌の角質層も乱れます。

スポンサードリンク

アルカリ性の汗と、酸性の皮脂が混ざって弱酸性の皮脂膜が出来ます。

この皮脂膜は、肌の水分が蒸発するのを防いだり、紫外線から肌を守ります。

また、皮脂膜は肌の菌の繁殖を防ぐ役割もあります。

つまり、汗と皮脂は肌のやっかいものではなく、大切な役割を持っているのです。

顔の汗と皮脂を取り過ぎると、皮脂膜がなくなり肌表面がアルカリ性に傾き、かゆみや肌荒れの原因となるのです。

スキンケアをするとき、なるべく自分の力で皮脂をだせるように、化粧品に頼りすぎないようにしましょう。

汗による顔のかゆみを防ぐには、肌のコンディションを弱酸性に保ち、乾燥から肌を守ることがポイントですね。

皮脂が多すぎる場合は、ニキビケア用の化粧品を使うことがおすすめです。

これらの化粧品は殺菌成分や皮脂コントロール機能、炎症を抑える成分も配合されています。

かゆみが気になる部分に使用すると、炎症とかゆみが抑えられるでしょう。

汗のかゆみを抑えるには

汗によるかゆみを抑えるには、汗を優しく取り除くことが大切です。

天然素材のタオルでぽんぽんと肌をこすらないように汗を吸い取ります。

シャワーで汗を洗い流すのも効果的ですが、シャワーをするたびにボディソープを使用すると、肌の乾燥が進みます。

肌の乾燥はかゆみの原因のひとつです。

ぬるま湯で汗を洗い流す程度でも十分に、汗によるかゆみ対策になります。

汗によるかゆみみが出たとき、肌を掻きむしるのは厳禁です。

保冷剤をタオルに包み、肌を冷やすとかゆみが抑えられます。

冷やした濡れタオで患部を冷やすのも効果的です。

あせものかゆみがひどい時は、皮膚科でステロイド系の塗り薬を処方してもらうこともできます。

まとめ

いかがでしたか?

汗はこまめにふきとって、肌に負担をかけないのが大切ですね。

なるべく薬を使わずに、肌のかゆみ対策をしたいですよね。

スポンサードリンク

ご参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑