防災セットで絶対に必要なもの・置き場所は?リュックでおすすめはこれ!

公開日: 

bousai_goods

最近よく、日本各地で大きな地震や災害が起こっています。

また近い将来も大きな地震が起きると予想されています。

日本に住んでいる限り、このような不安はずっとあります。

少しでも災害に対して、備えや心づもりを日頃からしておかなければなりません。

そこで今回は防災セットについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

防災セットで絶対に必要なものとは?

私が体験したのは阪神淡路大震災です。

家も家族も無事でしたが、地震の備えは全くしていませんでした。

水を買って置いておくという意識も、あの頃はあまりなかったように思います。

うちの家族の意識が低かっただけかもしれませんが・・・。

しかし、地震の恐ろしさは目の当たりにしましたので、それ以来、防災セットを家に置くようになりました。

一時的に非難するときに持ち出すリュックと、その後生活に必要な非常用備蓄品を分けて保管しています。

非難時に持参する防災リュックにはどのようなものをいれておけばいいのかご紹介します。

<防災リュックに必要なもの>

(水)

1人1日1~2Lあると良いとされています。

(3日分の食料)

簡単に食べられるもの。

固形の圧縮されている非常食やアルファ化米、ゼリー飲料がかさばらずに便利です。

(運動靴)

履きなれたものを玄関にさっと出せる状態にしておきます。

できれば底がしっかりとしているものを用意しましょう。

(懐中電灯・ランタン)

予備の電池も必要です。

太陽光で発電できるものであれば便利です。

(携帯ラジオ)

回すと発電するものや、太陽光で発電するタイプが便利です。

(薬や救急用品)

持病の薬が必要な人は必ず持ち出すようにしましょう。

簡単な応急処置ができる消毒薬や絆創膏、包帯も必要です。

(携帯トイレ)

あると安心です。

(衛生用品)

女性であるならば生理用品や赤ちゃんのオムツなど。

(ライターやマッチ)

色々な用途があります。

(ナイフ)

何かと用途があります。

(ポリ袋)

トイレ代わりに使用したり、防寒や雨具として使用したりとあると何かと便利です。

(タオル)

色々な用途で使用できるので必須です。

(毛布・タオルケット)

避難所で配られるかとは思いますが、数が足りない場合もあります。

特に小さなお子さんやお年寄りのいらっしゃるご家庭は、毛布を持っていると安心です。

(現金・クレジットカード・貴重品)

防水の袋にまとめて入れれば良いでしょう。

ATMがすぐに使用できなくなるかもしれないので、できれば現金がある程度あれば安心です。

(免許証などの身分証明書)

いざという時に役に立ちます。

(筆記用具)

ガムテープも一緒に用意しておけば、安否確認のメモをどこにでも貼ることができます。

(雨具)

レインコートは防寒具にもなります。

(サランラップ)

お皿に敷けば、汚れの防止になり水の節約ができますし、怪我ややけどのときにも傷を保護することができます。

スポンサードリンク

(軍手)

割れたガラスや瓦礫を取り除くのに役立ちます。

できれば熱に強い素材のものが良いでしょう。

(下着や防寒具)

なかなかお風呂に入ることができないので、下着の替えを入れておくことをおすすめします。

(ヘルメット)

家族人数分のヘルメットを用意しておくと安全です。

折りたたみのものもあります。

防災頭巾なら作ることもできます。

(携帯の充電器)

電気が復旧するまでは、電池式の充電器が非常に便利です。

(マスク)

粉塵や病原菌を予防します。

(新聞紙)

防寒にも使用できるし、何にでも利用でき、あると便利です。

(トイレットペーパー)

色々な用途があり必ず必要です。

(ミルク・離乳食・哺乳瓶)

赤ちゃんのいるご家庭は必須です。

(メガネや入れ歯)

予備として古くなったメガネをリュックに入れておけば良いのではないでしょうか。

防災セットの置き場所はどこ?

用意した防災グッズや非常食の置き場所は、どこに置くのがよいのでようか?

一時的に持ち運ぶべきリュックは、玄関出入りできるベランダの近くに置くと良いと言われています。

すぐに持ち出せるよう、普段から目立つところに保管すると家族の誰もがわかりやすいですね。

貴重品もさっと持ち出せるように、現金や通帳の場所を管理しておきましょう。

あわてて混乱しないように・・・。

災害用備蓄品の置き場所は、一軒家の場合は1階の家族がよく使用するクローゼットや押入れの中に入れて置きます。

しょっちゅう出し入れする場所に災害用備蓄品を置いておけば、普段からよく目にして忘れてしまうこともありません。

カセットコンロやガスも近くに置いておくと便利です。

非常食を目につきやすい場所に保管しておいて、賞味期限が近づいて来たら食べるという習慣をつければ無駄がありません。

非難時の持ち出し袋とは別に大量の水や非常食を用意しておくと大変心強いです。

一時避難から帰ってきた際に生活していくための非常用の食料も、用意しておくといいですね。

さらに、懐中電灯は各部屋に置いておくのが良いでしょう。

暗いと平衡感覚がなくなる上に、物が散乱した場合とても危険です。

ろうそくとライターも非常食や水、カセットコンロなどと一緒にセットしておくと、いざという時に便利です。

また石油ストーブがあれば、暖がとれるだけでなく、ご飯を炊いたり、魚を焼いたりできるので非常に便利です。

防災セットのリュックのおすすめは?

自分で防災グッズをそろえるのが難しいという方には、選びぬかれた防災セットがリュックに詰められた物が販売されています。

基本的に必要なものが、予めセットされていますので安心ですね。

いくつかこのような防災セットのリュックをご用意されて、後はその人によって必要なものをプラスすれば完璧です。

こちらのリュックは震災後3日間を過ごすために必要な36点が入っています。



まとめ

いかがでしたか?

いざという時のために、防災セットを用意しておくと心強いですね。

いつ起こるかもしれない災害に備えて、常に分かりやすい場所に防災セットを保管して置きましょう。

スポンサードリンク

ご参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑