イルミナイト万博夕涼みの混雑は?花火とB級グルメの屋台も楽しめるよ!

公開日: 

PPO_denkyuunoirumine-syon_TP_V

夏の夜。

大阪の万博記念公園でイルミネーションが楽しめるイベントが開催されます。

会場では出店や花火も楽しめて、お祭気分が味わえるんです。

「イルミナイト万博~夕涼み~」の名の通り、夕涼みがてらお出かけしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  

イルミナイト万博 夕涼みの混雑は?

今年も大阪の万博記念公園で夏のイルミネーションイベントが開催されます!

イルミナイト万博 夕涼みの日程

<開催日程>

平成28年8月4日(木曜日)~8月21日(日曜日)

※雨天決行・荒天中止

※水曜日休園

<時間>

16時~21時(入園は20時30分まで)

<会場>

自然文化園 太陽の広場 東大路 上の広場 下の広場 お祭り広場

<自然文化園入園料>

大人:250円(JAF会員割引あり250円→200円)

小中学生:70円    

<開催地>

万博記念公園

〒565-0826

大阪府吹田市千里万博公園

<お問い合わせ>

万博記念公園総合案内所

06-6877-7387

<駐車場料金>

終日:南第1駐車場、西駐車場、中央駐車場、日本庭園前駐車場、東駐車場

(平日)800円

(休日)1200円

16時30分以降の入庫:中央駐車場、日本庭園前駐車場、東駐車場のみ(入庫20時30分まで)

(平日)400円

(休日)600円

※16時30分以降の入園は、中央口・日本庭園前ゲート・東口からのみです。

イルミナイト万博 夕涼みの見どころ

イルミナイト万博の見どころをご紹介しますね。

今年は第1ステージ(8月4日(木曜日)~14日(日曜日))と第2ステージ(8月15日(月曜日)~21日(日曜日))に期間が分かれていて、実施されるイベントが異なります。

<第1ステージ>

・体感進化系ウォーターアートプロジェクション (会場 太陽の広場)

噴霧された霧のスクリーンに映像を投影するウォーターアートプロジェクションが楽しめます。

太陽の塔の前には竹を使用したオブジェがライトアップされ、ウォーターアートプロジェクションとのコラボレーションが非常に美しいです。

19時頃から10分間隔で上映予定です。

・可動式ウォータープロジェクションパフォーマンス「Splash Light Performance “elements”」 (会場 太陽の広場)

可動式のウォータースクリーンを使用し、アクターとダンサーによるパフォーマンスが行われます。

19時頃から30分に1回の間隔で繰り返し上演予定です。

(日程:平成28年8月6日(土曜日)、7日(日曜日)、11日(木曜日・祝日)、13日(土曜日)、14日(日曜日)

・花火広場

手持ち花火の持ち込みが可能で花火が楽しめます。

<第2ステージ>

・太陽の塔ライトアップ

太陽の塔が「イルミナイト万博夕涼み」の特別仕様にライトアップされます!

・MBSラジオの公開生放送・公開収録 (会場 上の広場)

<第1・2ステージ共通>

・イルミストリート(会場 東大路)

東大路が光の並木道に変身します。(17時から点灯)

・EXPOアーティスト大道芸パフォーマーが不定期でパフォーマンスを繰り広げます。

・フードコート(東大路など)

B級グルメなどの屋台が楽しめます。

・キッズランド(下の広場など)

エアー遊具や縁日が開かれます。

スポンサードリンク

イルミナイト万博 夕涼みの混雑は

イルミナイト万博の混雑は気になるところですよね。

会場はとても広いので人でぎゅうぎゅうといった感じではないです。

ばらばらっと分散されていい感じに。

しかし、一番混んでいるのがやはり屋台が出ているフードコートです。

早い時間から行列が出来ています。

こちらでしっかり食事をしたいとお考え方は、早めに到着したほうがいいですね。

時間が遅くなれば、どんどん行列が伸びていく感じです。

早めに会場に到着して、お目当ての料理をゲットし、シートなんかを敷いてゆっくりするのもいいですね。

中にはテントを用意している人も!!

今の時期なら、万博公園内ではヒマワリが満開です。

暗くなるまで公園をお散歩して、可愛いヒマワリも見て夜を待つのも楽しいですよ。

行列は嫌だ~という方は、別の場所でお食事を済ませてからの来場をおすすめします。

皆さん、思い思いに夏の夜を過ごされていて、会場はゆったりとした時間が流れています。

キッズランド(下の広場)ではふわふわ(エアー遊具)や縁日などが出て、お子さんたちが遊べる場所もあります。

それなりに混雑する場所はありますが、全体的にはゆっくりのびのびできる雰囲気の会場の状況です。

万博のイルミナイトで花火を楽しもう!

このイルミナイトでは、万博のお祭り広場で花火を楽しむことも出来るんです。

期間は、第一ステージの平成28年8月4日(木曜日)~14日(日曜日)まで。

花火は持ち込みOK。(手持ち花火のみ可。)

都会ではなかなか花火ができる場所が少なくなってきましたが、ここでは思いっきり花火をすることが出来ます。

自分たちで楽しむのもいいし、他の人たちが花火をしているのを見るだけでも気分が盛り上がります。

花火を用意していなくても大丈夫。

会場で花火やライターを購入することが出来るんです。

ただ・・・ちょっとお高いですね。

1本から購入できますが、それだけじゃあ淋しいですよね。

セットの花火は2000円くらいのものもあるので、花火をしようという方は持込みが絶対おすすめです。

会場には消火用バケツも置いてあるので、花火とライターを用意していきましょう。

ライトアップされた太陽の塔を背景に、思いっきり花火を楽しんじゃいましょう♪

万博のイルミナイトではB級グルメの屋台がたくさん!

万博イルミナイトではB級グルメの屋台がたくさん出店されています。

「富士宮焼きそば」「肉巻きおにぎり」などの地方の有名B級グルメが楽しめますよ!

人気のお店は行列が出来ているので、お目当てのお店には早めに到着して並んだほうがよさそうです。

また、スイーツのお店もたくさん並んでいるので、夕飯を別の場所で食べてからでもデザートだけでも楽しめます。

そしてそして!

ドイツ・ベルギー・タイ・アメリカ・メキシコなどの世界のビールが楽しめる屋台も用意されています。

こりゃ、もう完全にお祭りですね。

イルミネーションと、グルメイベントと、花火とパフォーマンスが一緒に味わえる盛りだくさんイベントなのです!

大人も子供も大満足できますよ!

まとめ

いかがでしたか?

夏のイルミネーションが楽しめるイルミナイト。

会場では意外と涼しげな風も吹いて心地よく過ごせますよ。

屋台や花火を楽しめるのも、夏の雰囲気をもりあげてくれますね!

スポンサードリンク

是非この夏、お出かけしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑