インフルエンザの家族感染を防ぐには?仕事は行っていい?いつまで危険?

公開日: 

mask_man

家族にインフルエンザ患者がでると一大事です!

なるべく他の家族に感染しないようにしたいですよね。

小さいお子さんや体力のないお年寄りがインフルエンザになると重篤になる場合もあります。

インフルエンザウイルスは非常に感染力が強いですが、家族間で感染しないために取れる対策をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの家族感染を防ぐには

インフルエンザの主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染とは、感染した人から咳やくしゃみなどでインフルエンザウイルスが飛び散り、それを口や鼻から吸い込むことによってに感染することです。

接触感染とは、感染した人が手についたウイルスを色々な場所に付着させることによって、その後同じ場所を別の人が触れて手などにウイルスが付着して間接的に感染することをいいます。

インフルエンザに感染しないためにはこの二つの感染源を断つことが大切です。

インフルエンザの家族感染を防ぐための対策をご紹介します。

・罹患者を隔離する。

他の家族と接触しないように、別室で隔離します。

・罹患者にマスクをつけさす。

咳やくしゃみでウイルスを撒き散らすのをマスクでブロックします。

・罹患者の部屋に入る時は必ずマスクをする。

罹患者を隔離している部屋はウイルスに接触するリスクが非常に高いので、必ず部屋に入る時はマスクをするようにします。

家のその他場所でのマスク着用については、それほど神経質にならなくてもよいでしょう。

ただ、インフルエンザは潜伏期間中からウイルスを排泄するので、まだ発症していない家族も感染の可能性はあるので、できれば全員マスクを着用した方が安全ですね。

また、マスクは感染防止になりますが、マスクの表面はウイルスがたくさんついています。

隔離部屋に入ったときにつけていたマスクを不用意にその辺に置いておくと、接触感染してしまうので気をつけてくださいね。

できれば、こまめに使い捨てた方が安心です。

・手洗いを徹底する。

隔離部屋のドアノブにはウイルスがたくさん付着しています。

菌を撒き散らさないためにも、隔離部屋から出た際にはアルコールで手と部屋の外のドアノブを除菌してください。

部屋を出たところにアルコールスプレーを置いておくといいですね。

それから洗面所で手を洗うようにします。

・トイレのドアノブ、電気のスイッチをアルコールで消毒する。

罹患者がトイレを使用した際は、トイレのドアノブやスイッチに付着したウイルスをアルコールでふき取ります。

・罹患者とタオルを共用しない。

洗面所やトイレの手拭タオルを一緒に使用しないでください。

・罹患者の洗濯物はビニールに入れて運ぶ。

他のモノと一緒に洗っても大丈夫ですが、洗濯機に入れるまではビニールに入れてウイルスを撒き散らさないように気をつけます。

・使用済みのティッシュはビニール袋で密封する。

罹患者が使用したティッシュには、ウイルスたくさん付着しています。

ビニール袋にいれて空気に触れないように密封します。

処分時にできるだけ触わらないように気をつけてください。

スポンサードリンク

・部屋の換気をこまめにする。

こまめに部屋の空気を入れ替えてください。

・部屋の湿度に気をつける

湿度を上げてのどや鼻の粘膜を保護し、ウイルスに犯されづらくします。

・うがいをする。

インフルエンザウイルスはうがいの届かない鼻の奥ですぐに増殖するので、うがいでウイルスを洗い流すことは出来ません。

しかし、気道の乾燥を防ぐためにもうがいをした方がよいでしょう。

風邪などにはうがいは効果的です。

・バランスのとれた栄養と十分な睡眠をとる。

免疫を高めると、ウイルスに感染したとしてもインフルエンザの発症を防ぐことが出来ます。

インフルエンザの家族感染の恐れは?仕事はどうする?

家族にインフルエンザの発病者が出た場合、自分も感染し発病するかなんて分からないですよね。

でもインフルエンザの患者の家族内感染は一般の市中感染と比較すると、2倍~3倍になります。

判断が難しいところですが、家族にインフルエンザ患者が出たとしても、お仕事を持っている場合なかなか休みにくいものですよね。

しかし感染の可能性があるかもしれないですから、職場や学校に迷惑をかけないように対策をとらねばなりません。

職場によっては、仕事を休むように言われるかもしれません。

私の職場では基本的に家で仕事が出来るので、資料のやりとりだけ人の少ない時間にマスク着用で職場へ行き、後は自宅で仕事をしていました。

なるべく1週間は人に接触しないように過ごしました。(新型インフルエンザが取り沙汰された時期だったので少し大げさだったかもしれません。)

なかなかお仕事によってはこの様な形をとるのは難しいかもしれませんが、とにかくマスクをして飛沫感染を防いでくださいね。

そしてなるべく人との接触を減らして迷惑をかけないように乗り切ってください。

自分の体調がおかしいと感じたら、すぐに病院へ行くのも感染を広げないための対策です。

抗インフルエンザウイルス薬の服用を発症から48時間以内に開始すると、発熱期間が1~2日間短縮されます。

ウイルス排出量も減少されるので、早く治療すればするほど、人にうつすリスクが低くなるのです。

インフルエンザの家族感染の可能性はいつまで?

では家族内でのインフルエンザの感染の可能性はいつまであるのでしょうか?

インフルエンザの潜伏期間は1~3日間で、発症がだいたい3日~5日間ほどです。

潜伏期間~解熱から2日間は、人に感染させる恐れがあります。

潜伏期間を考えて、家族の1人が発病してから1週間~8日以内で新たな家族が発病しなければ、インフルエンザを乗り切ったといえるでしょう。

発病した本人も、解熱後2日経過すれば学校や職場に行ってよいというのが通説です。

ただ、平熱に戻っても薬などを飲みきっていない場合、ウイルスが体内に残り、体調がすっきりしない場合があります。

処方された薬は必ず使用し切ってから、学校なり職場なりに行くようにして下さいね。

また治ったからといって無理をしないようにしてください。

免疫や体力が落ちていますので、他の病気に感染してしまうかもしれません。

解熱してからも、1週間ほどは体の様子に注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

家族にインフルエンザ患者が出ると看病も大変ですし、他の家族への感染を防ぐために色々気を遣いますよね。

学校や仕事への影響も大きいので、できるだけダメージが最小限になるよう対策をしてください。

スポンサードリンク

御参考になれば幸いです。

おすすめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑